« 欧州遠征に行った日本最強馬に対して失礼じゃないの | Main | 競馬は難しいね »

October 20, 2006

幻だった凱旋門賞...

ディープインパクト:停止期日後も投薬続ける?とのこと、だいぶ状況がわかってきました、仏競馬統括機関・フランスギャロは、厩(きゅう)舎スタッフが獣医師から指示された投薬停止期日後も、禁止薬物「イプラトロピウム」の投与を続けていた疑いを強めているのだそうです

いずれにしてもロマネ会長は「処分決定までに約4週間かかる。馬の成績(3着)の抹消と、賞金(約3400万円)の返納に加え、調査結果の内容により罰金額が決まる」との見通しを述べたとのことで、失格は間違いないようです、ま獣医師とのフランス語での意思疎通に問題があったようです、残念ですネ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 欧州遠征に行った日本最強馬に対して失礼じゃないの | Main | 競馬は難しいね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/12356500

Listed below are links to weblogs that reference 幻だった凱旋門賞...:

« 欧州遠征に行った日本最強馬に対して失礼じゃないの | Main | 競馬は難しいね »