« May 2006 | Main | July 2006 »

June 28, 2006

英国の競馬も落ちたな(新装のアスコット競馬場)

下の写真は通称キングジョージ(@ダンシングブレーヴ1986)と呼ばれる、英国ダービー、凱旋門賞(@ハリケーンラン2005)と並び欧州三冠と称されるキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスが開催される、英国アスコット競馬場の新装なったスタンドの様子です、一部の指定席がガラスの外に設置されていますが、基本は日本の多くの競馬場と同じく総ガラス張りです、馬の蹄の音が聴こえないスタンドをつくるとは、なんか英国の競馬つうかセレブも落ちたなという感じがします

英国アスコット競馬場の新装されたスタンド

Ascot

人気ランキングはどうなっているんだろう?

Continue reading "英国の競馬も落ちたな(新装のアスコット競馬場)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2006

宝塚記念1週前展望

マーメードSでヤマニンシュクルがいいとこなく惨敗しました、原因は前走あたりから落ちたと思われる体調か良馬場とはいえ昨日から降った雨の影響なのでしょうか...負けても一番人気になる馬は注意が必要ですね、さて来週はディープインパクトの凱旋門賞に向けての壮行レースと言われる宝塚記念です、まあ勝つのはディープで9割方間違いないでしょう、2着も順当ならリンカーンですが、ボクの狙いはダイワメジャーです、右回り2千直線坂の中山皐月賞を圧勝している馬...阪神なら相当堅いと思うのですが、京都ですから去年のマイルCSのように最後に足元をすくわれる可能性ありかと、他は海外GⅠ馬コスモバルクと1年半振りの復活なるかナリタセンチュリーでいいと思います、如何でしょうか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 11, 2006

夏草や兵どもが夢の跡@東京競馬場

夏草や兵どもが夢の跡(なつくさや つわものどもが ゆめのあと)...これは松尾芭蕉が奥州平泉について書き記したものです、今日久しぶりに行った小雨に煙る東京競馬場もそんな感じでした、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービー、安田記念と続く、ダービーをその頂点とする5週連続GⅠが続いた東京競馬場の春競馬も、今日のGⅢエプソムカップで終わり来週からは芭蕉と同じく奥州路(福島競馬場)に旅立ちます

東京競馬場(その1)@2006年6月11日(日)
写真左上はエプソムカップのゴールの瞬間、右下はそれを拡大したモノ、左下は同じ場所から撮ったスタンドの様子、そして右上はパドックからスタンドに入ったトコの風景です

Tokyo_keiba_01

人気ランキングはどうなっているんだろう?

Continue reading "夏草や兵どもが夢の跡@東京競馬場"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 09, 2006

WINSにはお爺ちゃんばかり

先週の土曜日に友人とWINS後楽園で久しぶりに競馬をしてきました、いつも家で馬券を買っているので、どんな雰囲気に変わっているのか興味がありました、新しくなった東京競馬場は南欧風の造りになっており、若い女性も目立つなどとても清々しい気分になります、でまずは腹ごしらえとラークアの中の紅虎餃子でビールとなりました、ラクーアは温泉こそ行きませんでしたが、小さい子供も多くファミリーで賑わっていました、ただ併設のショッピングセンターに余り特徴のないのが気になりました、ハイ表参道ヒルズのように後楽園にしかないモノというのがないのです

Laqua_1

人気ランキングはどうなっているんだろう?

Continue reading "WINSにはお爺ちゃんばかり"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 06, 2006

安田記念大外れの原因調査

今回の安田記念は3着のジョイフルウィナー1着付け、5着のダンスインザムードを2着付けの3連単で勝負し大外れ、ちゅうことでその原因調査をしてみました、香港馬が3頭出走していましたが、この馬たちにヤラレそうな気がしていました、しかしあっしは痩せても枯れても大和の人間^^です、香港馬2頭で1、3着なんていう悲惨な結果をみたくありませんでした、で3回に1回しか来ていないブリッシュラックを外し、最近の成績が物凄くいいジョイフルウィナーにしました

ダンスインザムードですが勝ち馬のブリッシュラックに前に入られ、直線も最後まで前が詰まる苦しい競馬、あれではよっぽどの切れ脚のある馬でないと来れませんね、ブリッシュラックのプレブル騎手のダンスインザムードをスタートで抑えるんだという気迫に北村騎手が負けてしまいました、少しノシをつけて前に行きダイワメジャーの直後に付けていてればと惜しまれます、まあこのへんが彼の腕の甘さと言えるのかもしれません

そして2着に入ったアサクサデンエンですがこの馬は海外の重い馬場では走らないようです、ドバイでの大敗はハットトリックが調子落ちだったのに、この馬は馬場が合わなかったのだと思います、そのことは調子がいいはずなのに惨敗した昨年末の香港遠征で気付くべきでした、まあダンスインザムードは相手が強かったちゅうこともあると思います、大いに反省したいと思います

人気ランキングはどうなっているんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2006 | Main | July 2006 »