« コスモバルクがシンガポールGⅠを優勝! | Main | さあダービーです »

May 21, 2006

哀恋唄にならずホッとしました(オークス回顧)

第3コーナー手前で前川さんの馬、コイウタ(恋唄)が故障を発症し競争を中止しました、スワ予後不良...サイレンススズカの悲劇ふたたびと目の前が真っ暗になりました、今JRAのホームページをみたところ「11Rの競走中止6番コイウタ号(横山典弘騎手)は、他の馬に関係なく、馬体に故障を発症したため、3コーナーで競走を中止しました。馬:右肩跛行、騎手:異状なし」とのこと、正直ホッとしました、またターフで彼女の姿が観られることを期待します、来年のヴィクトリアマイルで前川オーナーがウィナーズサークルで口取りする姿を是非みたいですネ、それにしてもカワカミプリンセス強かった、桜花賞あたりからアドマイヤキッスは若干調子落ちか...フサイチパンドラはこれが本来の姿でしょうね、角田騎手の奮起を期待します!

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« コスモバルクがシンガポールGⅠを優勝! | Main | さあダービーです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/10172331

Listed below are links to weblogs that reference 哀恋唄にならずホッとしました(オークス回顧):

« コスモバルクがシンガポールGⅠを優勝! | Main | さあダービーです »