« オーラス東京回顧 | Main | バルク、行かせてもいい(宝塚記念) »

June 14, 2005

ディアデラノビア剥離骨折

アルゼンチンの姫様ディアデラノビア剥離骨折とのこと残念です、この骨折の遠因はやっぱりあの連闘使いでしょう、もし桜花賞を使えたら彼女の悲劇を目の当たりにしたのかもしれません、つくづく馬の故障は人のエゴだな思います、正直剥離ですんでホッとしています、シーザリオは桜花賞、オークスの2つがともに厳しいレースなってしまいました、僕は彼女もアメリカ遠征を取り止めて秋に備えるべきだと思っています、ダンスインザムードの今季の不振はアメリカンオークスと暮れの香港遠征にあると思います、どちらかの遠征を止めていたら安田記念ではスイープトウショウと同じような位置にいたのではないでしょうか

それと負けても負けても使い続けるダイワエルシエーロはどうなんでしょう、関東オークスを使うライラプスは桜花賞まで休養させたので適性をみてみようというのはよくわかります、でもこういう使い方をみると松田国厩舎は馬を壊そうとしているという批判的な見方も、キングカメハメハ、タニノギムレットの悪しき前例がありますのであながち誤りではないと思います、競走馬は生き物です、「無事是名馬」という至言をもっと大事にして欲しいと思います

ダービー馬が出れるようにと宝塚記念の施行時期を移動させたのだと思いますが、阪神開催を元に戻して安田記念の日に開催していただければと思います、この方が秋競馬に疲れが残りません、そして安田記念はNHKマイルCの日に、マイルCはダービーとの両使いを防ぐためにオークスの前週に開催して欲しいですね、そして東京のオーラスに芝の1800mの定量のGⅡ戦京王杯SCを設けると、超一流の牡馬は宝塚に出ますので、春に牝馬のGⅠ、中距離のGⅠを設けなくてもある意味牝馬と中距離馬の面白いレースが観れると思います

伊藤雄二調教師によると、早ければサムライハートが函館から復活するらしいです、この馬がメチャ強いと秋競馬が面白くなりますネ、さて誰が乗るんでしょうか

《追記》
2100mの関東オークスでライラプス4着、ユタカによると距離が長いかなとのこと、クロフネは2100mのJCDで圧勝ですから、種牡馬フレンチデピュイティではなく母系なんでしょうね

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« オーラス東京回顧 | Main | バルク、行かせてもいい(宝塚記念) »

Comments

また当ててますね
ここの裏情報って何気にすごいですよね

http://bbs.avi.jp/186005/

Posted by: 大坪 | June 15, 2005 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/4549044

Listed below are links to weblogs that reference ディアデラノビア剥離骨折:

» ディアデラノビア骨折・・・ [[的]競馬ニュース的ブログ]
米オークス出走予定のディアデラが骨折…遠征取りやめ [SANSPO.COM] シーザリオとともにアメリカンオーク [Read More]

Tracked on June 14, 2005 at 06:24 PM

» ディアデラノビア、骨折 [うまなりの世界]
競馬最強の法則で、 エアメサイヤの伊藤雄二調教師がオークス、ダービーについて書かれていますが、 その中にディアデラノビアの話も。 最近は短期放牧という、馬に走る意欲を取り戻させる方法があり、 ディアデラノビアのトライアル1戦は余計だったとも。 骨折、colog... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 04:51 AM

» ディアデラノビア、骨折 について補足・訂正 [うまなりの世界]
ディアデラノビアのトライアル1戦は余計だったのでは? とは、対談記者のもので、 伊藤雄二調教師は、 フィリーズレビューを使うことで状態を下げることになっても、 デザーモが騎乗することで、差し引きゼロの勘定が出来ると。   オークスでの戦力分析で、 ロ... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 04:51 AM

« オーラス東京回顧 | Main | バルク、行かせてもいい(宝塚記念) »