« ファンタジーステークス組 | Main | ダイスをころがせ »

December 06, 2004

敗戦記

阪神ジュベナイルフィリーズはショウナンパントルが1着に来てしまったため馬券を1枚もとれませんでした
せめて3着だったら、馬連は本線でとっていたのですが。。。
100万馬券になったデイリー杯GIIの勝ち馬ペールギュントが東スポ杯GIIIで2着、同じく2着のライラプスがファンタジーで凡走、そして新潟2歳Sの勝ち馬マイネルレコルトが京王杯で5着。。。
デイリー杯が100万馬券になったのはメンバーが弱かったから、新潟2歳Sも同じくで、ショウナンパントルに目はないと思ったのが運のツキでした
デイリー杯をよ~くみると、ショウナンパントルは結構キツイレースをしてます
デイリー杯はメンバーが特に弱かったわけではなく、ライラプスの調子がレース後落ちたのですね
調子落ちになった馬、特に牝馬の場合は直ぐに巻き返すのは難しいです
ライラプスは来春に向けて立て直して欲しいです

ラインクラフトは福永騎手が思ったほど弾けませんでした
ショウナンパントルとは通った位置が違いますから、能力の差はないと言うよりむしろラインクラフトの方が能力が上です
敗因は福永騎手が思ったほど能力差がなかった、若干調子が落ちた、または阪神の直線の坂が合わなかったのかのいずれかです

アンブロワーズの敗因は小島太調教師の言うとおり、ホワイト騎手の早仕掛けでしょう、もう少し待って仕掛けていればあるいは勝っていたかもしれません

リヴァプールも着順ほど負けてませんから、ダンスインザダークの仔でもあるし、あらためてオークスあたりから期待します

人気のファンタジーステークス組は皆存外の結果に終わり、こまかく分析したのは徒労となってしまいましたが、12、13着のエイシンハッピー、モンローブロンドまでは1秒差、これからの成長でいくらでも逆転できます
無事に仕上げて、来春面白い桜花賞、オークスをみせてください

|

« ファンタジーステークス組 | Main | ダイスをころがせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/2169606

Listed below are links to weblogs that reference 敗戦記:

» 桜の季節はまだ遠い [Turf Watch]
 圧倒的一番人気を背負ったラインクラフトが負けることがあっても、あそこまで力ずく [Read More]

Tracked on December 07, 2004 at 12:01 AM

» ショウナンパントルが阪神JF制覇 [飛鏡新聞]
第56回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が5日行われ、8番人気のショウナンパントルが制した。2着には3番人気のアンブロワーズが入り、1番人気のラインクラフトは3着だった。 [Read More]

Tracked on December 07, 2004 at 01:21 PM

« ファンタジーステークス組 | Main | ダイスをころがせ »