« 有馬記念の予想 | Main | 有馬記念確定着順 »

December 26, 2004

有馬記念回顧

有馬記念はいいレースでした

ゼンノロブロイがタップダンスシチーを大名マークして最後にようやく交わしました
タップダンスが宝塚記念の時の調子だったら、着地検疫に苦しまなかったら結果は逆だったのかもしれません
それほど1、2着は僅差でした

さて、レース結果は私の予想とは逆で、休み明けの実力古馬>>JCを使った3歳馬でした、はい、泣かしていただきます (T_T;

11着惨敗のコスモバルクは、五十嵐騎手によると今日は全然掛からなかったとのこと、5着のデルタブルースともども秋のGI3連戦(菊花賞、JC、有馬記念)の疲れが出たということでしょう
バルクはオーナーの指示通り、ロブロイの直ぐ後ろ、3番手をついて行ければチャンスがあったのかもしれません
スタートはよかったのですがいつもの掛かかっていく様子がまったくなく、タップダンスをマークしに行ったロブロイについて行けず、1週目のスタンド前で中団やや後方の位置、行きっぷりも悪くあの時点で既に圏外と感じました
バルクに勝って欲しいと思いましたが、体調に問題があったのでは仕方がありません
デルタも3、4コーナーで既にロブロイに置いて行かれ気味で、4コーナーの勢いに菊花賞のような凄みはありませんでした
JCで好走した3歳馬は来ない、、、井崎さんのためになるデータを完全に無視してしまいました
秋のGI3連戦は古馬には耐えられても、3歳馬には想像以上にきついようです
JCまでのローテーションが古馬より1週間開いていたので大丈夫だと勘違いしてしまいました
特にバルクはセントライト記念から勝つことを義務付けられたローテーションが、最後になって響いたのだと思います

3着はシルクフェイマス、身体が戻り、良馬場だと力を発揮します
ツルマルボーイは今年のメンバーが強かったということなのでしょう
アドマイヤドンは0.9差の7着、これなら芝の重賞を勝てるかもしれません、次のレースが試金石ですね

ゼンノロブロイは来年は海外でキングジョージを狙うそうです、順調に行けば最終目標は凱旋門賞なんでしょうね
タップダンスシチーは来年も凱旋門賞を使うんでしょうか
デルタブルースは春の天皇賞から宝塚記念を狙うと思われます
そしてコスモバルクはゆっくり休んで、距離の合わない春の天皇賞は使わずに、安田記念から宝塚記念に行って欲しいです
安田記念では、じゃじゃ馬ダンスインザムードが待っています、ここにはデュランダルもいるんですね、、、

|

« 有馬記念の予想 | Main | 有馬記念確定着順 »

Comments

私もタップダンスシチーは来ないと思って完全にはずしてました(T_T

Posted by: Tsuka-ne | December 27, 2004 at 02:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/2380368

Listed below are links to weblogs that reference 有馬記念回顧:

» ゼンノロブロイG1で3連勝 [飛鏡新聞]
第49回有馬記念(G1 中山競馬場)が26日に行われ、ゼンノロブロイが天皇賞(秋)、ジャパンカップに続きG1での3連勝を達成した。天皇賞(秋)、JC、有馬記念で... [Read More]

Tracked on December 27, 2004 at 02:54 PM

» グランドフィナーレ!有馬記念 [Sense of Horse Life]
写真提供:SANSPO.com もの凄くドラマチックな2004年のフィナーレになりました。 昨日の有馬記念。 中山まで行って、この目で... [Read More]

Tracked on December 27, 2004 at 05:48 PM

» 【有馬記念回顧】「もはやサンデー産駒ではない」ゼンノロブロイ [そのまま、そのままっ!!]
勝ったゼンノロブロイが東の横綱なら、タップダンスは西の横綱。以下、古馬の大関クラス=シルクフェイマスにダイタクバートラムがこれに続き、平幕優勝の経験をもつ関脇デ... [Read More]

Tracked on December 28, 2004 at 12:56 AM

« 有馬記念の予想 | Main | 有馬記念確定着順 »