« CBC賞回顧 | Main | チャンスを掴め »

December 19, 2004

阪神牝馬S回顧

さて今日は朝から用があったので出かける前に入れて、レースはさっき帰って観ました
ヘヴンリーロマンス(3人気)、メイショウバトラー(4人気)、ダイワエルシエーロ(2人気)と入り、3連単で3万3千円もつきました
オースミハルカが凡走し、ダイワエルシエーロに枠順の不利がありましたので、勝ちきる力のある馬としてヘヴンリーロマンスが浮上しました
本命党でとれる3万円台の万馬券、3連単の狙い目はここらへんにありそうです

オースミハルカは逃げましたが最後は馬群に飲み込まれて0.6秒差の9着、、、
馬群に飲み込まれてしまったのであの着順は仕方がないですが、正直ガッカリしました
牝馬のレースを前売りで買うのは難しいのかもしれません
それにしても調子が落ちた馬をレースに出す調教師をこれから信用するのは難しいですね

勝ったヘヴンリーロマンスはブリンカーを付けて馬が変わったようです
前走はなかなか強い勝ち方だったとレース後に聞きましたので、見事に後の祭りです
頭数が多いとなかなか目が行き届きませんが、武豊騎乗のメイショウバトラー、外枠が嫌われたシャイニンルビーを凌いで最終的には3番人気になっていました

メイショウバトラーは2着ですが、武豊騎手がこの馬の能力をうまく引き出しました
新馬のディープインパクトも圧勝、弟が乗った中京のアドマイヤマックスの5着は折込済みだったのかなぁ

ダイワエルシエーロはレースをみると大外枠が響いています
2コーナー前までに内に切れ込めなかったので、2コーナーではかなり外に振られているでしょう
よく3着に来ています
直線だけみるとヘヴンリーロマンスとメイショウバトラーとは力差があるようにみえますが、この馬は相当強いと思います
結果論ですが、前の方が膨らんでしまったので、中団に控えてればいい結果が出ていたでしょう

シャイニンルビーは残念ながら予想通り、後方に控えたのが裏目に出て、ペリエ騎乗で0.7秒差12着でした
外枠に殺された1頭でしょう
前半に10秒台のラップが出る展開か、最初から中団に突っ込んでいればチャンスがあったのかもしれません
負けすぎにみえますが、最後は諦めてほとんど追っていないようですので、次走人気薄なら狙ってみます

最後に中山のフェアリーステークスですが、またしても新潟2歳S組の勝利です
2着が前走新馬勝ちの馬で、3着が阪神JF凡走馬、、、
これは力通りに来たと言えそうです

|

« CBC賞回顧 | Main | チャンスを掴め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/2316175

Listed below are links to weblogs that reference 阪神牝馬S回顧:

» ヘヴンリーロマンスが阪神牝馬S制覇 [飛鏡新聞]
第47回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2 阪神競馬場)が19日に行われ、単勝3番人気のヘヴンリーロマンスが制覇。2着にはメイショウバトラー、3着にダイ... [Read More]

Tracked on December 20, 2004 at 07:28 PM

« CBC賞回顧 | Main | チャンスを掴め »