« CBC賞 | Main | 阪神牝馬S回顧 »

December 19, 2004

CBC賞回顧

1着から6着までプレシャスカフェ、ゴールデンロドリゴ、リミットレスビッド、メイショウボーラー、アドマイヤマックス、ギャラントアローの順に入り、すべてクビ差の激戦、タマモホットプレイも0.4秒差の9着、、、
レースは道中の位置取りがすべてででしたね

5着のアドマイヤマックスは常に外外を回って1着と0.2秒差、大きな能力差がないわけですから、もう少しうまく乗っていればと悔やまれます
リミットレスビッドにも、メイショウボーラーにも僅差ですが先着を許してしまいました
武幸四郎騎手は下手ではないけれど、兄貴ほどの腕はないんですね

タマモホットプレイは4コーナー大外、中京でこの位置取りでは来ません
このメンバーでは能力が違うとでも思ったのでしょうか
中京では同じ負けるにしても、前が開かなくて負けた方がスッキリします

プレシャスカフェは札幌以来でスプリンターズSを使えませんでしたが、キッチリ仕上げて来ましたね
もしスプリンターズSを使えたら、この馬が勝っていたのかもしれません
これで小島太厩舎もGI連続2着のウサが少しは晴れましたか、、、

ゴールデンロドリゴは調べてみると函館SSでシーイズトウショウの2着、同レースで3着のカルストンライトオに先着ですから、2着に来ておかしくありません
中央に来て勝負をかけている赤木騎手への乗り替り、見逃してしまいました

シーイズトウショウはキルトクールにはなりませんでしたが、着差の少ない7着、、、
立て直せば活躍は可能ですが、4歳牝馬ですのでここで引退して繁殖に上がるのかもしれません

|

« CBC賞 | Main | 阪神牝馬S回顧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/2315723

Listed below are links to weblogs that reference CBC賞回顧:

» CBC賞、意外な結果に [飛鏡新聞]
第40回CBC賞(G2 中京競馬場)が19日に行われた。勝ったのは単勝4番人気のプレシャスカフェ。以下、13番人気のゴールデンロドリゴが2着、9番人気のリミット... [Read More]

Tracked on December 20, 2004 at 07:28 PM

« CBC賞 | Main | 阪神牝馬S回顧 »