« 木枯らし1号 | Main | 200万馬券 »

November 15, 2004

真の女王戴冠

エリザベス女王杯はアドマイヤグルーヴが勝ちました、有馬記念には出走せずに今年はこのまま休ませるとのこと、来年春にまた元気な姿をみたいものです
ただ、ファインモーションもダンスインザムードも出ていませんので、真の女王戴冠と言うには時期尚早です
このレース、期待していたスイープトウショウが思ったほど走らず、最後方から猛然と追い込みましたが、最後は前の馬と脚色が同じになり、5着と負けてしまいました
この馬が3歳馬最先着ですので、スローに嵌った、秋華賞の調子になかったとの声もありますが、天皇賞2着のダンスインザムード以外の3歳牝馬は力そのものが足りないのかもしれません
そのダンスインザムードは秋華賞では武騎手で動けませんでしたが、天皇賞はルメール騎手が馬場入り、返し馬で馬をリラックスさせ、ゼンノロブロイには負けましたが、アドマイヤグルーヴには圧勝しました
この2頭の比較ではダンスインザムード>>アドマイヤグルーヴということになるでしょう
ダンスインザムードの秋華賞の敗因は休み明けのいれ込みで、武騎手の騎乗ミスでも、実力負けでもないと言われております
私は馬場入り、返し馬で馬をリラックスさせるのも騎手の腕であり、非常に厳しいですがオークスも含めて密かに武騎手の騎乗ミスだと思っております
さて、マイルCSにはそのダンスインザムードが出てきます、天皇賞2着ですので、本来はこの馬が本命となるはずですが、競馬マスコミは今年の天皇賞組は弱い、デュランダルとファインモーションの一騎打ちで、外国馬ラクティも大物などと言っております
デュランダル≒ファインモーション≒アドマイヤグルーヴであれば、上記からダンスインザムード>>デュランダル≒ファインモーションということになります
ま、こんな単純に決めていいのかどうか、話しは別ですが、ダンスインザムード、デュランダル、ファインモーションに欧州最強クラスといわれるラクティと天皇賞で一敗地にまみれた安田記念2着馬テレグノシスと面白いメンバーで楽しみな一戦となりそうです
ま、テレグノシスの天皇賞の敗因は距離、馬場、騎手の腕(道中の位置取り)と言われておりますが、調子落ちなのではないかと個人的には疑っております
私はダンスインザムードからテレグノシスを外して、デュランダル、ファインモーション、ラクティで買ってしまいそうです
まだ決めるのは早いですね、これから日曜日までゆっくり検討します
いずれにせよ、ダンスインザムードかファインモーションのどちらかがこのレースを勝つと、勝った方が真の女王戴冠と言えるのかもしれません

|

« 木枯らし1号 | Main | 200万馬券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/1972475

Listed below are links to weblogs that reference 真の女王戴冠:

» 現役牝馬の頂点は? [Sense of Horse Life]
エリザベス女王杯2004 写真提供:sanspo.com 昨日のエリザベス女王杯(GI・京都2200m)は、 観ていて、ハラハラ落ち着かないも... [Read More]

Tracked on November 16, 2004 at 01:21 AM

» マイルCS ダンスインザムードが本命! [競馬ブログ 馬山房 馬券生活者への道]
マイルCSの本命はよっぽどの事が無い限りダンスインザムードで決まり。まだ月曜日なのにと言う無かれ、ぎりぎりまで考えても泥沼に入り込んでしまうのがいつものオチ。中... [Read More]

Tracked on November 19, 2004 at 08:06 AM

« 木枯らし1号 | Main | 200万馬券 »