« ジャパンカップデイ | Main | バルク、バルク、バルク!! »

November 29, 2004

騎手の存在

昨日のジャパンカップデイはあらためて騎手の存在が大きいと再認識させてくれた1日でした
騎手の手腕、馬との相性、そして衰え。。。

まず、その手腕に拍手を贈りたいのが武豊騎手
タイムパラドックスで同厩のアドマイヤドンに圧勝したのは、馬の調子が良かったこともありますが、騎乗2戦目で完全に手の内に入れ、この馬の力をフルに発揮させた武豊騎手の力でしょう
前走、大井のJBCクラシックで3着とはいえ、アドマイヤドンに0.7秒、3馬身1/4もの大差をつけられていたので、アドマイヤドンに先着してジャパンカップダートを制覇するとは考えてもみませんでした
素直に脱帽です
その武騎手にしても、天皇賞、マイルCSと連続2着に来たダンスインザムードを御しきれず、オークスと秋華賞では4着に敗退
腕もあるけど、馬との相性もあるんだなと再認識しました

次に昨日の騎乗に疑問符をつけたいのが横山典騎手
最下位に大敗したホオキパウェーブは、原因が故障なのか心房細動なのかよくわかりませんが、もし彼が残したコメント通り気性によるものであれば、馬ばかりの責任ではなく、騎手にも責任の一端はあります
それより、ローエングリンの騎乗ぶりに納得が行きません
同型のナイキアディライトのハナを叩いたことはわかります
でも、2ハロン目から4ハロン連続で続けた11秒台のラップはなんですか、あれでは直線失速するのも当たり前です
その流れが結果的に同じ社台RHのタイムパラドックスにはつながりましたが、社台RHは個人馬主ではありませんし、ローエングリンそのものも勝つことを期待されていました
私がこの馬の大口購入者なら、次回からは横山典には騎乗を依頼しません

最後に衰えです
日本競馬界の至宝、40年近くにわたってJRAを支えてきた岡部騎手の引退が近いのかもしれません
今回のジャパンカップ、ゼンノロブロイの優勝騎手はペリエ騎手ではなく、岡部騎手になるのが本来の姿です
それが、厩舎の先導役としてマグナーテンに騎乗し、ゼンノロブロイの優勝に花を添えました
自身が騎乗した京都大賞典では休み明けだったことが大きいと思うのですが、今回5着のナリタセンチュリーにあっさり交わされてしまいました
既に藤沢厩舎でのペリエ騎手との待遇の差、そして現在の手腕の差も明らかです
昔の岡部騎手なら、あのような負け方をした馬が天皇賞、JCと連勝することは有り得ません
同期の柴田政人調教師をはじめ、郷原、加賀、武邦、。。。
小島太調教師を除けば、過去の花形騎手の調教師としての成績は芳しいものではありません
特に柴田、郷原の両調教師の成績は目を覆うばかりです
今年ブレークした音無調教師はオークスこそノアノハコブネで勝っていますが、騎手としては成功していません
岡部騎手自身もそういったことも考えて、調教師への転進を逡巡しているのかもしれません
今後の岡部騎手の生き方に非常に興味があります
その決断を注意深くみつめたいと思っています

|

« ジャパンカップデイ | Main | バルク、バルク、バルク!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/2099662

Listed below are links to weblogs that reference 騎手の存在:

» ジャパンカップ ジャパンカップダート結果 [Dance!Dance!Dance!]
ダートはタイムパラドックスが優勝。インをついて伸びたあたり武豊の腕も光る騎乗っぷり。アドマイヤドンは2着を死守したがなぜ伸びきれなかったのか。ジンクライシスはび... [Read More]

Tracked on November 29, 2004 at 07:09 PM

» ジャパンカップ2004回顧 [D.D.のたわごと]
ゼンノ,日本勢の総大将として堂々のJC制覇。 秋天のVTRを見返すと,直線の伸びがジリッジリッとした感じで 着差ほど強い感じはしなかったのですが, 今回は3馬身... [Read More]

Tracked on November 29, 2004 at 07:28 PM

« ジャパンカップデイ | Main | バルク、バルク、バルク!! »