« October 2004 | Main | December 2004 »

November 29, 2004

バルク、バルク、バルク!!

バルク、バルク、バルク!!
そしてルメール
昨日のジャパンカップはルメールの騎乗ぶりと、それに応えて差し返したコスモバルクに拍手です
あれだけ折り合ったバルクは初めて観ました
本馬場入場の時に少し気が悪い面がのぞきましたが、レースではまったくそんな気配はありませんでした
有馬記念では五十嵐騎手に手が戻るとのこと、少々心配ですが馬は利口で一度覚えたことは忘れないとも聞きます
ロブロイにこの2戦の目に見えない疲れが出れば、優勝も夢ではありません
是非頑張って欲しいです
ただ、一言五十嵐騎手に苦言を呈するとすれば、ジャパンカップを観ずに競馬場を後にしたと新聞記事でみたことです
何らかの事情があったにせよ、現場でルメール騎手の騎乗を観ないとはちょっと合点が行きません

さて、2着、3着と敗れた安藤騎手
やはり、病み上がりで万全の体調ではなかったのかもしれません
ドンは返し馬をみて、ちょっと足捌きが重いなとは思ったのですが、あんな楽勝を許すとは思いませんでした
武騎手との一瞬の判断の差があの着差をうんだのかもしれません
デルタブルースはやはり出遅れがすべてでしょう
安藤騎手が言うように、2着は確実にあったとは思いませんが、走る馬です
これで有馬でのバルクとの再対決が楽しみになりました
岩田騎手に手が戻るかもしれませんが頑張って欲しいです

ハーツクライは3番人気でデルタよりも人気は上でしたが、武騎手を持ってしても予想通り惨敗しました
この馬に高い印をつけた競馬関係者は、結果論ではありますが素人であり、ファンを騙していると思います
猛省をしていただきたいです
橋口厩舎のスタッフには是非ハーツクライを立て直していただき、来春強いハーツクライでバルク、デルタに勝負を挑んで欲しいです

| | Comments (3) | TrackBack (7)

騎手の存在

昨日のジャパンカップデイはあらためて騎手の存在が大きいと再認識させてくれた1日でした
騎手の手腕、馬との相性、そして衰え。。。

まず、その手腕に拍手を贈りたいのが武豊騎手
タイムパラドックスで同厩のアドマイヤドンに圧勝したのは、馬の調子が良かったこともありますが、騎乗2戦目で完全に手の内に入れ、この馬の力をフルに発揮させた武豊騎手の力でしょう
前走、大井のJBCクラシックで3着とはいえ、アドマイヤドンに0.7秒、3馬身1/4もの大差をつけられていたので、アドマイヤドンに先着してジャパンカップダートを制覇するとは考えてもみませんでした
素直に脱帽です
その武騎手にしても、天皇賞、マイルCSと連続2着に来たダンスインザムードを御しきれず、オークスと秋華賞では4着に敗退
腕もあるけど、馬との相性もあるんだなと再認識しました

次に昨日の騎乗に疑問符をつけたいのが横山典騎手
最下位に大敗したホオキパウェーブは、原因が故障なのか心房細動なのかよくわかりませんが、もし彼が残したコメント通り気性によるものであれば、馬ばかりの責任ではなく、騎手にも責任の一端はあります
それより、ローエングリンの騎乗ぶりに納得が行きません
同型のナイキアディライトのハナを叩いたことはわかります
でも、2ハロン目から4ハロン連続で続けた11秒台のラップはなんですか、あれでは直線失速するのも当たり前です
その流れが結果的に同じ社台RHのタイムパラドックスにはつながりましたが、社台RHは個人馬主ではありませんし、ローエングリンそのものも勝つことを期待されていました
私がこの馬の大口購入者なら、次回からは横山典には騎乗を依頼しません

最後に衰えです
日本競馬界の至宝、40年近くにわたってJRAを支えてきた岡部騎手の引退が近いのかもしれません
今回のジャパンカップ、ゼンノロブロイの優勝騎手はペリエ騎手ではなく、岡部騎手になるのが本来の姿です
それが、厩舎の先導役としてマグナーテンに騎乗し、ゼンノロブロイの優勝に花を添えました
自身が騎乗した京都大賞典では休み明けだったことが大きいと思うのですが、今回5着のナリタセンチュリーにあっさり交わされてしまいました
既に藤沢厩舎でのペリエ騎手との待遇の差、そして現在の手腕の差も明らかです
昔の岡部騎手なら、あのような負け方をした馬が天皇賞、JCと連勝することは有り得ません
同期の柴田政人調教師をはじめ、郷原、加賀、武邦、。。。
小島太調教師を除けば、過去の花形騎手の調教師としての成績は芳しいものではありません
特に柴田、郷原の両調教師の成績は目を覆うばかりです
今年ブレークした音無調教師はオークスこそノアノハコブネで勝っていますが、騎手としては成功していません
岡部騎手自身もそういったことも考えて、調教師への転進を逡巡しているのかもしれません
今後の岡部騎手の生き方に非常に興味があります
その決断を注意深くみつめたいと思っています

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 28, 2004

ジャパンカップデイ

欧米の競馬では1日にGIが複数レースあるのは珍しくない
ブリーダーズカップなどは古牝馬のディスタフから始まって牡・牝別の2歳戦、スプリント、マイルを経てサブのターフ、メインのクラシックまで一日中GIである
欧州最大のレースとされているパリのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞でも、同じ日にスプリントのGIレース、アベイユドロンシャン賞が行われている
エルコンドルパサーが2着に敗れた凱旋門賞の時には、アグネスワールドがアベイユドロンシャン賞を勝っている
来年は土日の別々開催に戻すようだが、今年のような同日開催を続けて欲しいと思う

さて、今年のジャパンカップだが去年の勝ち馬であり、今年の宝塚記念馬で凱旋門賞にも遠征したタップダンスシチーが出てこない
帰り検疫が原因のようだが、2ヶ月近くもあいているのに出れないのはおかしい

今年は正直外国馬も小粒なら、日本馬、特に古馬が小粒だと感じている
天皇賞に勝った古馬No.1、ゼンノロブロイは2000mなら強いが、2400mとなると同じ古馬なら現実に京都の2400mで負けているナリタセンチュリーの方が強いと思う
3歳馬は最強と謳われたキングカメハメハが消えてしまったが、ホッカイドウ競馬のコスモバルクと菊花賞馬のデルタブルースの2頭が強いだろう
東京の2400mということを考えると、ダービーでは暴走して大敗を喫してしまったが、東京コースでハイアーゲームに勝った記録があり、セントライト記念で成長した姿をみせたコスモバルクを上位にみたい
じゃじゃ馬ダンスインザムードを見事に2連続GI2着に持ってきた、若き名手ルメールへの乗り替りも好材料だ
ホオキパウェーブではデルタブルースに勝てないと思うし、ハーツクライとかハイアーゲームがそこそこ人気になっているが、秋競馬で結果を出していないので敬遠する
外国馬は馬場への適性から3歳牝馬のリュヌドールとオブライエンのパワーズコートに絞っていいような気がする
ウォーサンは来てしまうかもしれないがラクティと同じ臭いがするので買う気にならない
以上から、コスモバルク、デルタブルース、ナリタセンチュリー、リュヌドール、パワーズコートに絞り、コスモバルクを中心に買ってみたい

馬券は今日東京競馬場で3連単で100万馬券が2つも出てしまったので、100万馬券は買いにくくなった
ただ、3連単の一番人気がダートの18倍に比べ88倍くらいと高いので、10万馬券を中心に買えると思っている
特にダートが30倍以内の低配当に収まれば、JCはその反動で100万馬券になるかもしれない
その時に注意したい馬はトーセンダンディだ、この馬が絡むと3着でも3連単はすべて100万馬券になる
メンバーがメンバーがなので来ないと思っている人が多いので最低人気なのだが、現実にGIIのオールカマーでハイアーゲームを破っており実績はある
ダートに出るローエングリンにハナを叩かれた天皇賞とは違い逃げれるので注意したい
古い記録だが、日本馬のJC初勝利はあの皇帝シンボリルドルフではなく、前々走の毎日王冠でミスターシービーを破って勝ったのにも関わらず、天皇賞で逃げれずに5着に敗れたカツラギエースの逃げ切りだった

既にアップしたダートだが、内枠から逃げの手に出るナイキアデライトの単勝オッズが50倍と高いので気になってきた
前走逃げれずに惨敗とはいえ2番人気であり、帝王賞でアドマイヤドンとハナ差の勝負をしているので、ローエングリン、ユートピアとの先行争いが微妙で、凡走もありうるがまともに走ればタイムパラドックスよりは明らかに強い
ナイキアデライトが最内、ローエングリンが大外なので、デムーロが乗るユートピアが控え、2頭が内外で競り合わずに進み、勝負の第3コーナー欅過ぎから雁行状態となれば、直線で追うドン、トータルインパクトとの好勝負が観られるかもしれない
そんないい競馬が観れたら、競馬の面白さがファンに再認識されるだろう、船橋の石崎と中央の横山典の騎乗ぶりに注目したい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2004

砂の王者

日本のダートは砂でアメリカのダートは土なのだそうです
なので、雑談の中ですがアメリカ競馬の本流であるダートには、日本で言うダート馬よりも芝馬の方が適性が高いと聞いたことがあります
それで、その時に米国2冠馬のサンデーサイレンスが種牡馬として日本で活躍したのかと妙に感心した記憶があります

さて、まずはジャパンカップダートです
アドマイヤドンが馬券から消えるのはちょっと考えられません
でも、なんだか1着にはならないんじゃないかという気がしてます
なら、どういうシーンが想定できるかです
2つ考えれます

★想定シーン1:トータルインパクトに競り負ける
★想定シーン2:ローエングリンの逃げ切り、先行に屈する

じゃ、この場合の3着までの着順はどうなるか

想定シーン1では1着11トータルインパクト、2着10アドマイヤドンになります
で3着はというと、16ローエングリンが残れば堅い馬券ですが、2頭に交わされたら消える可能性が高いと思っています
そうなると、大差で14タイムパラドックスではないかと想定されます
馬券は11-10-14と11-10-16です

想定シーン2では1着16ローエングリン、2着が10アドマイヤドンと11トータルインパクトの争いです
ドンが3着以下に落ちることは考えられませんが、トータルは外国からの参戦ですので凡走も十分に考えられます
その場合の3着も14タイムパラドックスということになります
馬券は16-10-11、16-11-10と16-10-14です

10アドマイヤドンが勝つ場合は、
①:2着に16ローエングリンが粘る→10-16-11と10-16-14
②:2着11トータルインパクトに競り勝つ→10-11-14と10-11-16

3連単の1番人気10-11-14が18倍と低く、10アドマイヤドンが飛ぶ可能性が低いので、馬券は50倍以内に収まると思ってます
14タイムパラドックスがドン、トータル、ローエン以外の馬に負けることはないと信じて、ドンの2着付けを中心に買おうかなと思っている、今日土曜日です
でも先週良かった岡部さんの9ハードクリスタルに負けたら結構つきますね
11-10-9、10-11-9、16-10-9、10-16-9の4点が抑えか。。。
10-11-14と入ったらトリガミですね

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 23, 2004

ゴールデンジュビリー

ゴールデンジュビリーって50年なんですね
ちなみに、シルバージュビリーが25年、ダイヤモンドジュビリーが75年だそうです
そう言えば、10年ほど前の今はなきフランク・シナトラ最後の日本ツアーにダイヤモンドジュビリーとついていたような気がします
さて、そんなことはさておきジャパンカップです
まず外国馬ですが今年はジャパンカップに5頭、ジャパンカップ・ダートに3頭出走します
ダートに出走する米国馬のトータルインパクトを除き、すべて欧州馬でオセアニアの馬はいません
日本は検疫が厳しく、ここ10年日本馬が強くなったのと、高速馬場を嫌い、賞金が2億5千万と高額にも関わらず出走頭数は減少傾向にあります
現段階で検疫をクリアできていないウォーサンが出走できないと来年の招待に響きそうですね
ダートの外国馬はトータルインパクトが来るかどうかの判断だけでよさそうだけど、ジャパンカップは取捨に迷いそうです
パワーズコートとポリシーメーカーの父、サドラーズウェルズは欧州の大種牡馬ですが日本では成功していません
ウォーサンはラクティと同じ臭いがするし、フェニックスサーチは休み明けとなると、3歳牝馬のリュヌドールしかいません
外国の3歳牝馬はここ10年来ていませんが、古い記録をみるとオールアロングという馬が2着に来ているようですし、日本馬では96年ファビラスラフィンの2着があります
それに、今年はダンスインザムードが天皇賞、マイルCSと連続2着していますので、3連単の2着狙いに妙味がありそうです
次に日本の古馬ですが、ゼンノロブロイに2400mは長そうだし、かといってヒシミラクルは前走が前走で狙いは次回の有馬記念のような気がしますので、狙えるのはナリタセンチュリーだけではないでしょうか
鞍上が関東のリーディングジョッキーでもGIに縁が薄いのが心配ですが。。。
ということで、日本馬の狙いは菊花賞組でしょう、菊花賞から中5週になったし、最近のジャングルポケット、ザッツザプレンティの好走例をみてもいけそうです
力は2400mならコスモバルクが一番強く、次がデルタブルース、ホオキパウェーブは上位馬の凡走がない限り掲示板が精一杯だと思っています
ハーツクライ、ハイアーゲームの東京での変身も考えられますが、そこまで手が伸ばせません
バルクの唯一の心配点はビッグレッドファームの総帥岡田氏が抑える競馬をさせると言ってることですが、鞍上はじゃじゃ馬ダンスインザムードを2回連続して御した若き名手ルメールですから、イザとなったら行かせてしまうでしょうし、あまり心配していません
ということで、今のところコスモバルク中心、リュヌドールの2着狙いで行く予定です
リュヌドール凡走の可能性もあるので大勝負はしません
3連単の3着付けですが、日本馬はデルタブルースとナリタセンチュリー、外国馬は一応パワーズコートとウォーサンですがこちらはオッズ次第です
とは言っても、ゼンノロブロイも3着なら来てしまうかもしれませんね

| | Comments (0) | TrackBack (7)

November 21, 2004

闘い終えて

マイルCS、デュランダル圧勝、ダンスインザムード2着、テレグノシス3着
ラクティはテレビで場内の歓声に驚いたのでは言ってましたが、スタート地点がスタンド前ならわかりますが2コーナーのポケット、騎乗ミス以外のなんでもないですね
あんなに早く追い上げたら来る馬も来ません、ここは日本初来日のロビンソンではなく、以前乗っていたデムーロに頼む方が着順は良かったと思います
4強の中で凡走の可能性が一番高いと懸念していましたが、その通りになりました
やはり外国馬を中心にするのは無理がありますし、馬券が買い難くて仕方がないです
ファインモーションは故障してはいないかと懸念しています
エリザベス女王杯を回避したのも武騎手が騎乗できないからなのではなく、もしかすると体調に問題があったのかもしれませんし、来年から繁殖に上げるので目一杯に仕上げなかったともとれます
+8kgで馬はフックラとしていましたが、レースを走るのにはつらかったのかもしれません
この馬が完調であればあのような無様な負け方は納得が行きません
さて、デュランダルは体調に問題がなければ香港遠征でしょう
強敵のラクティが今回失速してしまったので期待できますね
ダンスインザムードは馬も落ち着いていたし、ルメール騎手の騎乗も満点でした
香港遠征を視野に入れているとのことですが、また中2週ですし、正直ここで休ませて来春元気な姿をみたいです
今年行っても同じ社台のデュランダルに勝てるとは思えません
3着テレグノシス、4着マイネルソロモンと4強が凡走したらとの前提で予想通りでしたが、1、2着の馬とはやはり差がありました

| | Comments (1) | TrackBack (25)

200万馬券

200万馬券が出てしまいました
それも3着同着ですから、元々のオッズは570万円以上ありました
先週東京の1000万下のレースで出るんじゃないかという話しをしていたんだけどなぁ
はい、昨日は所要があって出かけてました、残念です
とは言っても、200万馬券なんて簡単には当たりませんけどね

単勝14番人気、160.8倍の1着馬は長期休養明けの2戦目、前走は出遅れて0.6差の9着
単勝12番人気、90.1倍の3着同着馬は前走14着と大負けしているけれど、0.9差であり、その前の3戦はそれぞれ0.3、0.4、0.4差と僅差の勝負をしている
決して買えない馬じゃない
あとは厩舎、馬主の勝負体制の見極めだけなんですけどね

さて、気を取り直してマイルCSです
秋のGIシリーズで一番面白いメンバーだと思います
昨年のスプリント王であり、前年のこのレースの覇者デュランダル、エアグルーヴ以来の女傑と言われている、牝馬GI2勝のファインモーション、今年の桜花賞馬で天皇賞でも2着に入った3歳牝馬ダンスインザムード、これに加えて今年の欧州マイル王を決めると言われるレースに勝ったラクティが参戦します
馬連、馬単はおそらくこの4頭で決まると思います

私はこの中で天皇賞2着のダンスインザムードを買いたいです
マイルCSと天皇賞とのレースとして格を考えると、この馬が3着より下に落ちたら、今年の天皇賞のメンバーは弱いということになります
気性に問題がある3歳牝馬であり、古馬との斤量差も天皇賞の4kgから3kgになりましたので、凡走の可能性はゼロではありませんが、出走させた藤沢厩舎とルメール騎手の腕を信頼して、この馬から買いたいと思います

3連単で穴が出るとしたら、3着しかないでしょう
トライアルであるスワンステークスの2、3着馬マイネルソロモン、メイショウボーラーと、天皇賞は11着惨敗ながらGII毎日王冠を最後方から差し切ったテレグノシスになると思います
でも、上記4頭とは力の差があるような気がしますので、4強の凡走がないと難しいでしょう
凡走の可能性が一番高いのは、馬場が合わなかった場合のラクティですが、まともに走ったらこの馬は強そうですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2004

真の女王戴冠

エリザベス女王杯はアドマイヤグルーヴが勝ちました、有馬記念には出走せずに今年はこのまま休ませるとのこと、来年春にまた元気な姿をみたいものです
ただ、ファインモーションもダンスインザムードも出ていませんので、真の女王戴冠と言うには時期尚早です
このレース、期待していたスイープトウショウが思ったほど走らず、最後方から猛然と追い込みましたが、最後は前の馬と脚色が同じになり、5着と負けてしまいました
この馬が3歳馬最先着ですので、スローに嵌った、秋華賞の調子になかったとの声もありますが、天皇賞2着のダンスインザムード以外の3歳牝馬は力そのものが足りないのかもしれません
そのダンスインザムードは秋華賞では武騎手で動けませんでしたが、天皇賞はルメール騎手が馬場入り、返し馬で馬をリラックスさせ、ゼンノロブロイには負けましたが、アドマイヤグルーヴには圧勝しました
この2頭の比較ではダンスインザムード>>アドマイヤグルーヴということになるでしょう
ダンスインザムードの秋華賞の敗因は休み明けのいれ込みで、武騎手の騎乗ミスでも、実力負けでもないと言われております
私は馬場入り、返し馬で馬をリラックスさせるのも騎手の腕であり、非常に厳しいですがオークスも含めて密かに武騎手の騎乗ミスだと思っております
さて、マイルCSにはそのダンスインザムードが出てきます、天皇賞2着ですので、本来はこの馬が本命となるはずですが、競馬マスコミは今年の天皇賞組は弱い、デュランダルとファインモーションの一騎打ちで、外国馬ラクティも大物などと言っております
デュランダル≒ファインモーション≒アドマイヤグルーヴであれば、上記からダンスインザムード>>デュランダル≒ファインモーションということになります
ま、こんな単純に決めていいのかどうか、話しは別ですが、ダンスインザムード、デュランダル、ファインモーションに欧州最強クラスといわれるラクティと天皇賞で一敗地にまみれた安田記念2着馬テレグノシスと面白いメンバーで楽しみな一戦となりそうです
ま、テレグノシスの天皇賞の敗因は距離、馬場、騎手の腕(道中の位置取り)と言われておりますが、調子落ちなのではないかと個人的には疑っております
私はダンスインザムードからテレグノシスを外して、デュランダル、ファインモーション、ラクティで買ってしまいそうです
まだ決めるのは早いですね、これから日曜日までゆっくり検討します
いずれにせよ、ダンスインザムードかファインモーションのどちらかがこのレースを勝つと、勝った方が真の女王戴冠と言えるのかもしれません

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 14, 2004

木枯らし1号

昨日の深夜に木枯らし1号が吹いたそうです
外は木枯らしでも、家の中、つうか財布の中は温かく行きたいものです
さて、明日はエリザベス女王杯、当初はファインモーションから買おうと思ってました
でも、ファインモーションはマイルCSに回り、天皇賞から中一週でアドマイヤグルーヴが出てきます
出てくる以上は秋華賞馬のスィープトウショウ以外に負けるのは許されません
そのスィープトウショウも秋緒戦のローズSを叩き台に秋華賞を勝ち、ここは万全でしょう
外国馬がよっぽど強くない限り、馬連はこの1点で十分です
もし、アドマイヤグルーヴが消えたら橋田調教師と武豊騎手の見識を疑います
相手というか、3連単の3着付けですが、外国馬、オースミハルカ、スティルインラブ、エルノヴァ、メイショウバトラーから選ぶつもりです
この中で京都は初出走ですが、右回り芝に3着以下がないエルノヴァが面白いと思いますが、3着は他の馬が来てもおかしくないし、期待値もあまり変わりませんので、一番オッズがつく馬券を買う予定です
「木枯らし2号」が吹かないように祈っております
   ↑
あ、このお題ヤバイきゃも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2004

3連単宝くじ論

先日U氏と話しをした際に、3連単って宝くじじゃないのつう話しになりました

★まず3連単の方が宝くじより得だ
宝くじの控除率は54%で賞金には半分以下の46%しか当てられないのに対して、競馬の控除率は諸外国より高いといっても25%(単複20%)で払い戻しに75%当てられる
この30%近い違いは大きい、事実競馬で100万馬券になっても宝くじでは61万円ちょっとにしかならない
こりゃ確率高い

★次に宝くじっていつもいくら買う
宝くじは10枚1セットだから、いつも3000円買うことが多い
馬券で3000円買うなら500円で6点買えるな
つうことは150万馬券が当たったら、元手3000円が750万円になるゾ!!
1点1000円なら3点買えて1500万円になる
ウッホホ、コレって宝くじじゃん
ということで話しが盛り上がり

じゃ、まさかの1000万円馬券が出たらどうなるというトコまで話しが行きました
3点買いで1億円、これぞまさしく宝くじ!!

今どんなレースで100万馬券が出てるの?
3歳以上1000万下のレースが一番荒れていて、先月は100万馬券が京都で2回(3歳1000万下と2歳オープン)出たから、今月は東京じゃないか
京都で出たのも先月初めだからソロソロだぞ
そうかそうか、じゃ日曜日10Rのtvk賞か12Rの牝馬限定じゃな
てな話しで、1、2番人気が消えるレースかどうか、レース直前まで検討することになりました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無事是名馬

アドマイヤグルーヴが天皇賞から中一週でエリザベス女王杯に出走します
他に強い馬は秋華賞馬の3歳馬スイープトウショウだけで、陣営は悪い言葉ですが「ただ貰い」と思っているのかもしれません
でも、私は中一週の競馬が彼女の身体に悪影響を与えないのかと心配です
距離適性の問題もありますが、できればエリザベス女王杯はファインモーションに出ていただき、アドマイヤグルーヴはマイルCSに出走して欲しかったです
というのも、日本の競走馬はサンデーサイレンスの導入を契機にこの10年急激に強くなりました
ただ、それと引き換えにサイレンススズカの悲劇にみられるような、大きな故障が目に見えて増えているように感じているからです
それも屈腱炎で引退したキングカメハメハのように走る馬、人気馬に顕著にみられます
JRAもウッドチップ、坂道、プールなどを導入して改善をはかっていますが、結果は出ていません
日本の競馬場は欧米に比べて高速馬場と言われており、その分馬場が硬く故障する馬が出ているのかもしれません
もしそうであるならば、欧州より故障が目立つのであれば、欧州の馬場を研究して、より馬に優しい馬場を造って欲しいです
メジャーリーグの球場はできるだけ人工芝を止め、選手の身体に優しい天然芝を使うようになってきています
やはり、競走馬も、野球の選手も生身です
できるだけ身体に優しいもので彼らを守り、楽しい競馬、面白い野球を観たいものです
最後に、屈腱炎は装丁師(競走馬の蹄鉄を打ち替える人)さんの技術というか、最新の馬に優しい技術を導入しないメンタリティの問題とも聞いています
装丁師さんたちも是非新しい技術を積極的に導入し、走る馬、人気馬が長期間活躍する、ワクワクする競馬を私たちに観せてください

| | Comments (1) | TrackBack (5)

快投乱麻

今夜行われた日米野球で松坂がMLBの強力打線を相手に快投乱麻、5-1の完投勝利
久しぶりに気持ちのいい試合でした
松坂はいつでもメジャーに行けますね
もし札幌に住んでいたら球場に足を運んでいたかもしれません
こんないい試合をしているのに球場がガラガラだったのはちょっと残念です
北海道は日ハムの進出で盛り上がっていると思ったのですが・・・
さて、今回の日米野球ですがMLBの監督に文句があります
何故いろんな選手を使わないのですか?
今日は、野手の選手交替がまったくなく、オルティーズ、ウェルズ、ヤング、ジャイルズが観れませんでした
投手は先発にはローテーションがあり、リリーフも毎試合出れるわけではありません
でも野手は違います、代打の1打席でもいいから彼らの姿を球場で観たいというファンは多いはずです
特にワールドチャンピオン、レッドソックスの4番オルティーズが松坂と対戦しなかったのには正直がっかりしました
やはり、ファンあってのプロ野球、ベースボールです
ファンの観たい試合、ファンの観たい対決を提供するのが監督の責務ではないでしょうか
そんな想いが、メジャーだけではなく日本のプロ野球界にも届いて欲しいものです

※翌日の追加
MLBの監督は人工芝球場でプレイをすると選手に疲労がたまるため、大事をとって選手を交替で使っているようです
やはり、野球は天然芝の上でやるものですね
開閉式でない東京、ナゴヤ、大阪ドームでは無理ですが、開閉式の福岡、ハイテクでサッカーは天然芝の札幌、それと神宮、横浜、千葉マリンといった現在人工芝の球場は天然芝、それもメジャースタイルの内野も土ではなく天然芝にして欲しいですね
楽天も宮城球場に人工芝を敷くことを検討しているようですが、止めて欲しいです
ちなみに、MLBは密閉式ドーム球場を除けばすべて天然芝です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2004

憎しみの連鎖

パレスチナのアラファト議長が今朝逝去されたようです
真相は藪の中ですが、もしかすると2、3日前に既に死亡しており、ようやく正式に発表できる状況になったのかもしれません
イスラエルのラビン首相が暗殺されたときのような大きなショックはありません
アラファトさんがいようといまいと状況に変わりはないと思います
ただ、しばらくは混乱がさらに助長されるかもしれません
それにしても、日本人をも無残に殺害する妥協点が見出せない、パレスチナ、イラクに代表される中東の憎しみの連鎖・・・
日本政府もこの点だけは安易にアメリカに追従せず、日本とアラブ、イスラムの方々との関係を真剣に考えて行動いただきたいものです

| | Comments (0) | TrackBack (3)

November 09, 2004

楽天市民球団Ⅱ

日米野球が行われていますが、日曜日の試合で3万8千人と入りがあまりよくありません
チケット代がシーズン中の2倍以上と高額なせいもありますが、今春松井がヤンキースで凱旋した試合は、さらに50%も高額なのにも関わらず瞬間売り切れでした
今のファンはコンテンツに魅力があると押し寄せ、少しでも魅力がないと球場に足を運ばないようです
日米野球自体は、上原がむきになって投げたり、メジャーも有名ではありませんが、ウェルズ、カブレラ、クロフォード、マルチネスといい選手が揃っており、テレビで観てても結構面白いです
ま、日米野球のチケット代は野茂凱旋時のシーズン中の1.5倍程度くらいが妥当なのかもしれません
さて、野球人気の低落傾向はテレビの視聴率にも現れ、今年の巨人戦は過去最低だったと聞きました
やはり、お客様、ファンあってのプロ野球であることを忘れたら、さらにファンにそっぽを向かれることになります
いかにファンが欲しがるものを、ファンが望むルートで適正な価格で提供するのかが課題です
メジャーのヤンキースはあれだけの高額年棒とさらに課徴金を払っても黒字と聞いています
今の入場料、通常の放映権料以外にやり方はあるはずです
まずは北海道日本ハムのように地域と密接にコミュニケーションをとることではないでしょうか
ファンの裾野を広げ、その中でファンからいかにおカネをいただくのかを考えることです
僕は新規参入の楽天がチームがここ数年弱くても、人気が出ることを期待したいです
頭の固いご老人方の考えを是非変えて欲しいです
そんな中プロ野球は目を覆うトラブルの続出です
ダイエーが再生機構に入り、西武と読売が不祥事を起こしました
特に西武は深刻で、さしもの堤さんが堀の中に落ちるのも絵空事ではないようです
これで、パリーグはオリックスが近鉄を吸収合併、楽天が新規参入した後も、ダイエーがソフトバンクに身売り、西武も身売りを画策とガタガタです
いかにファンのことを考えていないか、そのツケが回ってきました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »