« パーセンテージの限界 | Main | 菊の大輪 »

October 21, 2004

2つの終焉

今日2つ終焉を迎えてしまいました
1つはワールドシーリーズを制覇を目指していたヤンキースと松井選手、もう1つは天皇賞制覇を目指していたダービー馬キングカメハメハです
松井選手のヤンキースはア・リーグ優勝決定シリーズで3連勝しながら、4連敗してしまいました
今シリーズの敗因は第4戦、第5戦と終盤にリードしながら追いつかれた、クワントリル、ゴードン、リベラの黄金のクロージングトリオの崩壊にあります
私見ですが、崩壊の原因はレギュラーシーズン中の使い過ぎです
去年の先発陣からクレメンスなどの3人が抜けた穴が大きく、彼ら救援陣に大きな負担がかかってしまいました
最近のワールドシリーズは地区優勝チームからではなく、ワイルドカードという今年のパリーグでいうと西武のようなチームから出ています
何かおかしいなと感じています
メジャーリーグでも無理に地区優勝を目指さず、ポストシーズンを戦う8チームに入ることを最低条件に、投手陣を酷使しないことがワールドシリーズ制覇の条件なのかもしれません
さて、天皇賞を目指していたダービー馬キングカメハメハですが、秋緒戦の神戸新聞杯を快勝しましたが、今日のニュースで右前浅屈腱炎を発症していたことが明らかになりました
右前浅屈腱炎は“競走馬のガン”とも言われ、骨折と違い生死に影響はありませんが、再起が危ぶまれる重病です
松井選手の敗退ともども、秋の楽しみを2つも奪われてしまいました
ただ、松井選手自身の今季の活躍は歴史的な記録をつくったイチロー選手に負けないものであり、キングカメハメハの故障が生命に影響がないのが救いです
松井選手の来季の活躍とキングカメハメハの早期復帰を祈願して筆をおきます

|

« パーセンテージの限界 | Main | 菊の大輪 »

Comments

カメハメハ、誠に残念です。
強い馬、これぞスターホースと思う「お馬さん」程、故障発症、そして早期引退のパターンが続いています。
近く(?)はクロフネ、古くはサニーブライアン、フジキセキ、それから、あー歳ばれるので失礼。
競馬関係者も諸々シガラミがあるのでしょうが、何か、方策を考えて頂きいものです。
ファンあっての競馬です。長期君臨してこそのスターホース、アイドルホース、全国区と思います。
100万馬券もイイですが、2強や3強の対決が2年3年続くのもイイものです。スティゴールドの目黒記念に涙が出たのは私だけでしょうか。香港は号泣でございました。
さて野球ですが、某国営にて結果を知っていながらアストロズを応援してしまう私は馬鹿でしょうか。。。所沢では未だに熱戦中です。
買っても負けても純粋に野球を愛し、野球に興奮し続けたい競馬ファンの1173alohaでございます。ななナンダこりゃ。

Posted by: 1173aloha | October 21, 2004 at 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/1739386

Listed below are links to weblogs that reference 2つの終焉:

« パーセンテージの限界 | Main | 菊の大輪 »