« 命 | Main | 日本人騎手頑張れ!! »

October 30, 2004

乾坤一擲

明日東京競馬場で秋の天皇賞が行われます
天皇陛下が御幸され初めての天覧レースとなるはずでしたが、新潟中越地震、度重なる台風の来襲などで取り止めとなったのは残念です
さて、天皇賞で思い出されるのは10年前の乾坤一擲の大勝負です
この時の天皇賞は三冠馬ナリタブライアンのお兄さん、ビワハヤヒデで堅いと言われていました
ここを勝って次の有馬記念ではいよいよ弟と雌雄を決することになるということで、皆がその話題で沸き立っていました
それで相手探しをしていたのですが、前走の毎日王冠をレコードタイムで圧勝したネーハイシーザーのスピードが非常に魅力的で、もしかしたら、ビワハヤヒデがそのスピードに負けて2着になることもあるのではとまで思えました
いずれにせよ、馬券はこの2頭で地球の裏まで行っても堅いと確信し、乾坤一擲の大勝負!!
当日の馬体重、パドック、返し馬の様子までチェックし、こりゃイケルと震える手で大枚××万円を叩き馬券を購入です
いよいよ、ファンファーレがなりスタートしました
ネーハイシーザーが先行、その直ぐ後にビワハヤヒデがつけて、バックストレートを軽やかに走り、欅(けやき)を過ぎ、いよいよ第4コーナーを回って直線です
坂下を過ぎネーハイシーザーが弾むように先頭に踊り出て来ます
よし獲った、あとはビワハヤヒデが抜け出して来るだけだ
一瞬の静寂の後、ビワハヤヒデの動きが鈍い、なかなか抜け出して来ません
どうしたんだと思っているうちにビワハヤヒデを含む2番手集団がゴール板を過ぎてしまいました
当のビワハヤヒデといえばその集団の先頭ではなく馬群の中、まさかの5着、ネーハイシーザーの単勝は持っていなかったので馬券は紙屑になりました
ビワハヤヒデはレース後に屈腱炎を発症していたことがわかり、このレースを最後に引退、ファン待望の兄弟対決も海の藻屑と消え、ついでに私の獲らぬ狸もどこかに行ってしまいました
もし、タラとレバがあればとこのときだけは思いました
さて、今年の天皇賞ですが最強馬キングカメハメハが屈腱炎にかかって引退してしまったため、軸馬不在となってしまい非常に難解です
1番人気になっているゼンノロブロイですが、最近6走勝っておらず、相手なりに走るので電光掲示板には載るでしょうが、一番上にはならないような気がします
もし勝つようなことがあるなら、それは鞍上オリビエ・ペリエの手綱捌きの力でしょう
来そうな馬は内からテレグノシス、ツルマルボーイ、トーセンダンディ、サクラプレジデント、ローエングリン、ナリタセンチュリー、シルクフェイマス、ゼンノロブロイ、ヒシミラクル、バランスオブゲーム、リンカーンと11頭もいます
この中から臨戦過程、厩舎の動向などをみて買う馬を選びたいと思います
中心に据えたいのは毎日王冠の勝ち馬テレグノシスですが、最近杉浦厩舎が人気馬での着外が続いているのが不安材料です
単勝30倍以上の馬で来る可能性があるのは、前走のオールカマーを逃げ切ったトーセンダンディだけではないかと思います
森厩舎も馬の仕上げには定評があり、冠号トーセンの馬の成績も最近良いのでちょっと気になっています
大駆けがあるかもしれません

|

« 命 | Main | 日本人騎手頑張れ!! »

Comments

ととと、父さんダンディですか。。。う~ン薀蓄。
現時点では、02-10-11-16の四頭では、と、思っています。
が、05-09-12-15-17も怖いし、まっ決まらん、が、現時点の正直な気持ちです。
大リーグではNo.’5’が活躍しました。大統領選を控えたUSの国民は国本来の姿、アルべき路を考えて迷っている酔うです。
ここは基本に戻って大統領はリンカーン。。。

Posted by: 1173alha | October 30, 2004 at 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/1813767

Listed below are links to weblogs that reference 乾坤一擲:

« 命 | Main | 日本人騎手頑張れ!! »