« 東京有明テニスジャパンオープン2010 | Main | 2010年10月10日~10月14日のツイート »

October 11, 2010

エキサイトで翻訳してみた

noboru_kisaragi

下記の英文をエキサイト http://www.excite.co.jp/world/english/ で翻訳してみた、使えるかな?

英語力付けなアカンな(T_T)。 @ The view from Frankfurt: who controls the ebook business? | by @

人気ランキングはどうなっているんだろう?

今年のフランクフルトBook Fairの最も需要があるものの1つの出来事は金曜日の討論会でした: 電子書籍ビジネス: だれがコントロール中ですか? エントリーが慎重に非常に制限されていたので、パネルメンバービクトリア・バーンズリー(HarperCollinsの最高責任者)さえ、初めに、セキュリティの先と、そして、開催地の中に進んでいるように戦いました。

手強く著名なパネルの上のバーンズリーは、並んで、デジタル意見元一匹おおかみマイクShatzkinと、Librekaのロナルド・シルドと、ジェンBammel議長です、国際出版連合の事務総長。

ebookビジネスのコントロールのための戦いを失う近くで議論は出版業界が既に驚くほど来たというShatzkinの承認で始まりました。 アマゾンはそれらがオンライン印刷書籍販売のコントロールに勝つのに使用した同じ短期的な戦術と長期戦略をデジタル市場にもたらしました、初めははるかに長い期間で利益を提供するだけであり始める顧客リストを造るために元値で売って。 マージン後部を方程式に運び込んだ政府機関モデルを任命して、アップルなどのプレーヤーの市場へのおくればせのエントリーだけが、アマゾンがほとんど出生で市場の完全なコントロールを獲得するのを防ぎました。

そして、会話は最近の過去から即座の産業の未来まで移動しました。 委員会は、ebooksが現在合衆国でのトレードセールの約15%を占めていてebooksのためにもう別々の戦略を持つどんな意味にもならなかったのに同意しました: デジタル、代わりに、より一般的な出版の戦略の心に、あるようにしました。 バーンズリーは、イギリスの市場が米国の経験に続いて起こると示唆して(彼女は、ハーパーが今年3%の予算を立てたと言いました)、ebooksの割合が5年以内にたぶん50%に達するだろうと予測しました。 (シルドは、米国の約3年後ろにドイツが現在あったことに注意しました、販売の1%未満で、大きい国際的なプレーヤーがかかわるようになる前に、それらの市場を弁護するために一緒に働く機会をドイツの出版社に与えて。)

ここに、マイクShatzkinはebooksの上昇が実際にただ印刷の既存市場の肉を食うよりむしろ販売された本の総数を増加させるかもしれないという励みになっている提案をしました。 話した1つの出版社、それらがebooksとして発行された後に、彼は、私たちに言って、在庫書籍目録印刷タイトルの品揃えを選んで、次に、印刷と電子申込書の両方で彼らの販売をモニターしました。 これらのタイトルの総売上高は期待よりそれらが利用可能であっただけであったなら彼らのデジタル販売の60%だけが行われたと思われるかもしれないという印刷するような程度まで優れていました: 他の40%が新しいように見えました。 EoinパーセルがTwitterで注意したように、この増加が単にライブラリによって引き起こされた短期的な現象であるかもしれなく、彼らの存在を取り替えている個人がebooksで持ち株を印刷するかどうかが、まだ不明ですが、これは多くが予期し続けていたより激励のニュースでした。

出版業界に、だれかがデジタル化が書店の差し迫っている終焉であり、Shatzkinに警告したより書店のその陳列棚のスペースを予測しました。より重大な脅威、現在の水準から、半分にするでしょう。 対照的に、バーンズリーは、陳列棚のスペースがいつも不十分であり、デジタルによる出版で読者を可能にしている直接的な相互作用が、問題を軽減するのを実際に助けると示唆しました。 彼女は、出版社の前の最も大きい挑戦が彼等のものが現在顧客に面する企業であったという事実に適応していると感じました: 例えば、エディタは、スタッフを売り出すように、より多くなる必要があるでしょう。 Shatzkinは、顧客の上の焦点が重大であるのに同意しました: 読者との関係は結局、著作権のコントロールよりさらに大きく出版社に重要でしょう。 彼は、それが眼球と信用を得た人であることを聴衆を保証して、それは、結局、ebookビジネスを制御するでしょう。

|

« 東京有明テニスジャパンオープン2010 | Main | 2010年10月10日~10月14日のツイート »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エキサイトで翻訳してみた:

« 東京有明テニスジャパンオープン2010 | Main | 2010年10月10日~10月14日のツイート »