« 乃木坂国立新美術館のオルセー美術館展2010 | Main | 私は専業主婦(主夫?)になりたい »

June 02, 2010

佐々木俊尚さんの神保町三省堂講演

noboru_kisaragi

上野の東京国立博物館から神田神保町へhttp://bit.ly/brXY0p、今日は新宿でのアポを終えてから、チケット屋で細川家の秘宝の入場券を650円で手に入れ、上野の東京国立博物館平成館へと向いました、その後神田神保町に行って超遅い昼飯を食べ、佐々木さんの講演を聴きました。

上野の東京国立博物館から神田神保町へ

今日の佐々木さん(@sasakitoshinao)のセミナーで感じたのは、我々がコンテンツの力で勝てないのかなということ、昨日のテレ東カンブリア宮殿で民主党枝野さんが、低コスト以外のマーケットを創造しないと駄目と言っていた、そのキーワードが佐々木さん曰くのキュレーションだと思う。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

昨日の神保町三省堂講演で佐々木さん(@sasakitoshinao)が新聞雑誌がフローで本がストック、電子書籍の登場で絶版が無くなり、ロングテールの尻尾に再登場するストックされた過去の厖大な資産を、フローがキュレーションして再生して行くと話されていた、なんかワクワクして来ますね。

コレ個人的感想なんだけど佐々木さん(@sasakitoshinao)の本はルポだから、ストックと言うよりも未来を切り拓くフローだと思う、つまりキュレーションを行う切れ味鋭い名刀ですね、しかしその佐々木本も5年後には早くも歴史を語るストックとなって行く、これが今のスピード社会...

佐々木さん(@sasakitoshinao)は写本→印刷→電子化という流れの中で、情報は人を軸に動くと言っていた、それだとバイアスがかかりませんかという疑問に対して、そういうバイアスを前提&折込済みにし、直感+感情というキュレーションで動いて行く、それが電子書籍の時代ということ。

夕方5時半過ぎのメシってやっぱ夕食だよねw、しかしさぼうる2のナポリタンセット+アイスコーヒー850円也は量タップリでおいしい、佐々木さんがMACブックでユーストリーム中継を行ったのだけれど、上手く行ったのだろうか?

@namatahara そんなことを言っていると電子教科書嫌い親爺に突っ込まれますよ、まずは電子教科書を所与ものとしてみないと駄目です、それと学生より教授の方がコミュニケーション不足です、東大主催のセミナーで感じたことです。 >学生達にコミュニケーションの能力がない・・電子教科書

田原さん(@namatahara)が学生たちのコミュニケーション不足を嘆いていらっしゃる、でもボクに言わせりゃ自説をとうとうと述べるだけの教授陣のコミュニケーション不足の方が著しい、先週の土曜日に佐々木さん(@sasakitoshinao)が登壇したセミナーで感じたことだ。

iPadとキンドルの体験コーナーで学生たちに質問したが、彼らはボクに皆さん的確な答えを言ってくれた、逆に教える立場の教授の方が酷かった、NHK技術屋さんと東大の先生はいくぶんマシだったが、明治だか明治学院の先生が酷かった。 @namatahara @sasakitoshinao

メディアのパラダイムが完璧に変わった今、メディア論の大家と言われるこういうお方が、実ハ一番急激な変化について行けなくなるちゅう典型例のような気がしました。 @namatahara @sasakitoshinao

@kenfuka 経済3誌はオフィスで回し読みが貧乏会社の基本かと、ということでiPad版が紙版の半額とヤラれると逆に超高く付く悪寒w。 >よかった、すぐに反応して @makoto_naruke >あぶなく定期購読ストップするところ。東洋経済をストップしてみるかw

@kenfuka 企業ライセンスをどう考えるかですね、貧乏会社が払える金額と御社の儲けが一致する点、成毛元社長(@makoto_naruke)のマイクロソフトのオフィス製品などの企業ライセンスポリシーが参考になるかも。 >そういうニーズもあるんですね。参考にさせていただます。

iPadで450円のビューンって、PCならタダで見れる日経などの無料情報の塊を、カネ取って見せてるという感じがして来た、日経電子版で「+」が付いている有料部分を見るには4千円/月という大枚を払わにゃならんが、例えば経済3誌なら定価の1/4の1ヶ月750円なら買ってもヨイかもネ。

@kenfuka ビューンってPCなら無料http://bit.ly/dfrfuVのようにも思えます、今後の話になりますが最新号もiPadに限らず電子書籍(インタビュー記事は動画)で読みたいですね、年間割引(紙版現行40%OFF?)&団体割引(半額希望w)があると嬉しい。

@masason PCの無料ネットに毛の生えた?ようなiPadの450円有料のビューンなら、CS放送のなんちゃらパックのように、日経も含む新聞全紙と経済誌から女性誌までの雑誌の大部分が、最新号からバックナンバーまですべて見れれば、それで月々2千円と言われてもオレは喜んで払う。

いろんなガジェットがあってヨイと思う、iPhoneは小さ過ぎて買う気が起こらなかった、iPadはカジュアルユースで外に持ち出すには重過ぎるのでハーフサイズが欲しい、でもビジネスユースなら重さは気にならない、ただMSのプレゼンツール パワポを自由自在に編集出来ないと使えない。

個人事業主となった知人の行動...月曜日に経済四誌(日経ビジネス、週刊ダイヤモンド、東洋経済、エコノミスト)を書店で立ち読み、自分のビジネスに役立つ特集なら即購入(四誌累計年200冊のうち月1回の12冊程度)、あとは気になった記事を図書館でチェック、電子版への移行は価格次第とか。

@rainasu 過去のパワポでの遺産を活用できるか否かですね。 >Keynote が有りますよ(美しいプレゼンテーションの作成が、驚くほど簡単に(^_^)b >でもビジネスユースなら重さは気にならない、ただMSのプレゼンツール パワポを自由自在に編集出来ないと使えない。

JRのポスター、伊豆急下田の紫陽花が美しい、そうか今日からもう6月なんだ、で本屋をのぞくと鎌倉特集、まずは花菖蒲からだけど、イザ鎌倉w。

アポ終了、新宿のチケット屋なう、上野東京国立博物館の細川家の秘宝1500円を650円にて購入、数日前には600円の店があったが売り切れた模様…

上野東京国立博物館を出るトコ、細川家当主護煕氏のご尊顔を拝する也、黒猫と小林古径の髪はなかりせど、清の乾隆帝時代の焼き物、白磁、茶道具などなかなか也。信長秀吉家康の時代、武将の家来への朱印書起請床文は漢文、紀行文はかな混じり、女性はひらがな也。

日本大学が前についた、開館20年くらい経ったカザルスホールにファイルコンサートのポスターが貼ってあった、ここは昔ハレーストリングカルテットのベートーベンの弦楽四重奏曲ラズモフスキーなどを聴いたトコ、まだ取り壊しとは決まっていないが、貸しホールは止めたらしい。都内に当時からこういうホール出来すぎなんだよね、それでも小金井市など未だに誰も造るのを止めない。

@sasakitoshinao 神田神保町さぽうる2なう、今ナポリタンセット注文しました、セミナー楽しみです。神保町佐々木俊尚さんの講演会場なう。 @sasakitoshinao 今日はありがとうございました、これでだいぶ流れが読めました。

|

« 乃木坂国立新美術館のオルセー美術館展2010 | Main | 私は専業主婦(主夫?)になりたい »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 佐々木俊尚さんの神保町三省堂講演:

« 乃木坂国立新美術館のオルセー美術館展2010 | Main | 私は専業主婦(主夫?)になりたい »