« 桜に包まれた奈良~京都:ソメイヨシノから紅しだれへ | Main | 名古屋探訪:繁華街?栄・名古屋城・熱田神宮 »

April 27, 2010

韓国ソウルに行って来ました:その3・日本再構築

noboru_kisaragi

新村・梨大といった学生街を歩き人の流れを見て、彼らが行く店で食事をしたが、日本の御茶ノ水・高田馬場といった学生街よりも遙かに熱い、凄まじい熱気を感じるのだ、今の日本は65年前の敗戦時に20歳前後だった現在80歳を超える人たちが創った、団塊世代以下はそれを伝える義務を放棄している。

韓国ソウルに行って来ました:その1・街の様子
韓国ソウル・仁川空港>>日本東京・成田空港
韓国ソウルに行って来ました:その2・プロ野球
韓国の歴史:景福宮・昌徳宮と貨幣・国立中央博物館

韓国は日本より出生率が低く、子供たちの割合も我が国より少ないと聞く、でも国立博物館が餓鬼んちょで満杯になるなど、その教育は遙かにしっかりとしているように感じる、野球の応援をみても若者、特に女子がとても元気だ、日本の若者のように海外に行かないなど、目標を失っているようには見えない。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

韓国ソウルの街中は突然リアカーを引っ張ったおっさんが現れるなど、2~30年前の日本といった風景もある、映像からわかるように決してモダンとはいえない殺風景な高層団地が、新興住宅地を中心にそこいらじゅうに転がっている、でも東大門のドゥータなど日本を凌ぐショッピングビルも出来ている。

韓国ソウルツアーの現地ガイドさんは、日本語ペラペラの26歳のうら若き奥様だったが、何か少し哀しい顔をしていた、日本での就職を希望したが叶わなかったらしい、そして日本語を勉強しても韓国での就職も有利ではないらしい、どちらでも就職が難しいのであれば優秀な学生が日本との関係を断ち切る。

昨年暮れに台湾・台北・故宮博物院、そして今韓国ソウル国立中央博物館と回って、最も遅れているのが日本だと思った、確かに建物というハードウェアは劣っていない、むしろ両国を凌駕していると言ってよいだろう、でも最も大事なソフトウェア...日本の文化を表現する展示物が余りにも貧弱過ぎる。

来月からフランスオルセー美術館の凄い展示会が、東京六本木・乃木坂の国立新美術館で開かれるように、日本の美術館・博物館の企画展は確かに見事だと思う、でも常設展で素晴らしい美術館・博物館はあるのだろうか?もちろん小さな館でとても良いトコはあるが、ボクが言っているのは国レベルの話しだ。

国としてのレベルを考えても台湾に負けているのは、蒋介石が中国本土から運んで来たとされる、故宮博物院の展示物くらいで、パソコンを組み立てる技術以外は勝っている、しかし対韓国は非常にヤバイと感じた、空港は惨敗しており、南大門市場>アメ横、東大門ドゥータ>新宿ルミネであると感じるのだ。

我々を含め団塊世代以下は自分たちの老後を守ろうと必死に画策している、でもそのことが今の若者を大きく傷付け、彼らを後ろ向きにしていないだろうか?少子化は豊かさが原因というが、彼らは豊かだったバブル期を知らない、我々団塊世代以下が自己主張をせず、若者を生かす道を真剣に探す必要がある。

韓国ソウルが日本東京を上回っていること、道路が片側1車線は多い、日本の首都高速...イヤ低速道路は片側2車線で且つ道幅も狭い、でも韓国の無料の高速道路・フリーウェイは最低で片側3車線である、このことはフツーの道路でも変わらない、東京だと2車線だなと思うトコは必ず3車線あるのだ。

先日政治番組で共産党がド高いカネ出して外環道を造るのかと批判していた、この道路は今から30年前には出来ている必要があった、そのおかげで片側2車線の環八はいつも大混雑で、道路沿いの環境破壊は凄まじいばかりだ、日本は住民の権利という横暴を許し、大事な交通インフラの整備を軽視し過ぎる。

もうひとつ地下鉄の車両だ、ソウルの地下鉄の車両の幅は東京より50cmは広い、身長2mの人では乗れないだろうと揶揄される、天井も低い都営地下鉄大江戸線と比べると、その車幅は最低でも1mは広い、席と席の間は大江戸線は人が1人東京の地下鉄は2人だが、韓国の地下鉄は裕に3人は通れるのだ。

何で大江戸線があんなチビカーなのか?それは地下深くをシールド工法で造らざるを得ないからだ、東京で最近出来た副都心線と大江戸線の駅はどちらも遙かに深い、他の線と交差していないにも関わらずだ、某駅などホームから地上に出るのに5分もかかる始末だ、これも住民が権利を主張し過ぎるからだ。

|

« 桜に包まれた奈良~京都:ソメイヨシノから紅しだれへ | Main | 名古屋探訪:繁華街?栄・名古屋城・熱田神宮 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国ソウルに行って来ました:その3・日本再構築:

« 桜に包まれた奈良~京都:ソメイヨシノから紅しだれへ | Main | 名古屋探訪:繁華街?栄・名古屋城・熱田神宮 »