« 地下鉄サリン事件から今日で15年 | Main | 京都の桜は4月3日(土)~11日(日)か? »

March 20, 2010

大競争でわいわいガヤガヤが人を育てる

就職氷河期って1993年から2005年までの13年間と、2009年と今年の新卒が当たるらしい、内定取り消しの憂き目にあったのは、就職間氷期であった2006~08年の最後の2008年度卒業の人たち、ほんの極一部が崩れているらしいんだけど、今後は新卒に拘るとヤバイと思うのだが...

自分が社会人になった頃を思い返すと、ボクが会社に入ったときはプチ氷河期が開けたときで、会社は3年間人を採っておらず、4年上の人たちに待ちかねたぞと言われた記憶がある、4年上の世代は大量採用で大学名など知らない人もたくさんいた、でも取る大学を厳選したらしい我々の世代よりも活躍した。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

とにかく多くの人で活気が溢れ、大競争でわいわいガヤガヤやっていた方が結局人は育つみたい、何でもいいから仕事にありついてビジネス経験をしっかり積むのが、ヨイと思うのだけれど、1993年から2005年までの13年間と、2009年と今年社会に出る人にその機会が薄いのでは日本は沈没する。

|

« 地下鉄サリン事件から今日で15年 | Main | 京都の桜は4月3日(土)~11日(日)か? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大競争でわいわいガヤガヤが人を育てる:

« 地下鉄サリン事件から今日で15年 | Main | 京都の桜は4月3日(土)~11日(日)か? »