« ツイート:スカイプ、歌舞伎座、iPad、電子書籍 | Main | ツイッター:事業仕分け、普天間問題、宮嵜あおい »

March 20, 2010

バブルが人を育てた@クロマグロ禁輸否決交渉

極秘リビア説得工作が奏功…クロマグロ禁輸否決http://bit.ly/aylkIfとのこと、リビアが同国トップであるカダフィ大佐(カーネル、指導者?)ばりに、欧米各国にデータを持って来い!と啖呵を切ったことが流れを変え、中国が懸念するフカヒレ禁輸にも飛び火したことが大きいとか。

読売新聞の記事ですが、日本政府の用意周到な準備が功を奏したと書いてあります、これが事実ならヨイことです、亡くなった親爺が荻原健司さんが出て来たときに、「これで日本の未来は明るい!」と言ったことを思い出しました、その世代がようやく政治とか国際交渉の表舞台に出て来たような気がする。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ただ荻原さんは現在40歳で勝間和代さんの1コ下、バブル期に大学生だったほぼ最後の世代、彼自身は超一流のスポーツ選手であり、就職などには苦労がなかったと思うが、後輩たちはいろんな苦労にまみれており、その後彼の後継者が出て来ていないことも重なり、今の若い世代の動向は超気になりますナ。

今の政治家たちの系譜をみていると、70歳以上の戦前生まれの人は非常に強いが、60代の団塊世代には人材がいない、ようやく50代に渡辺喜美さんのような人材が現れ、今の40代は枝野幸雄さんに代表されるように花盛り、そんな感じである、30代、20代に人材が出て来ることに期待したいが...

人材には二つあって、一つは国を企業を引っ張って行くトップ人材、もう一つはそれを支える物凄い数の人たちです、バブル崩壊後のロスジェネで失われたのは後者、今の団塊ジュニアを中心とした人の数だけは多い25歳~39歳がゴミになっていて、これが高齢化と相俟って日本に滅茶暗い影を投げかける。

ボクが「バブルが人を育てた@クロマグロ禁輸否決交渉」と書いたのは前者のことです、この二つが揃わないと、国にしろ企業にしろ組織体は瓦解します、後者はともかく前者の20代、30代は育っていると思ってヨイのだろうか?でも若者が海外に行かなくなったと聞くと、前者も育っていないと危惧する。

|

« ツイート:スカイプ、歌舞伎座、iPad、電子書籍 | Main | ツイッター:事業仕分け、普天間問題、宮嵜あおい »

Comments

■クロマグロ禁輸否決、欧米主導に漁業国反発 EUは採択断念―中国が世界第二の経済大国になれない今、超巨大金満国家日本に期待と脅威が高まったか??
こんにちは。クロマグロの禁輸否決に関して、消息筋はいろいろなことを理由にあげていますが、私は、大事な背景を見落としていると思います。それは、金融危機の余波が続く現在にあって、日本は、マスコミなどがさかんに馬鹿なことを喧伝しているにもかかわらず、世界から最も安全で安定していると思われているということです。それどろか、中国が世界第二の経済大国にここしばらくは、なれないことがはっきりしてきたこと、それにともない日本がここしばらく実質的に世界第二経済大国であることを先進主要国の情報筋は認識したのだと思います。詳細については、是非私のブログを御覧になってください。

Posted by: yutakarlson | March 21, 2010 01:18 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バブルが人を育てた@クロマグロ禁輸否決交渉:

« ツイート:スカイプ、歌舞伎座、iPad、電子書籍 | Main | ツイッター:事業仕分け、普天間問題、宮嵜あおい »