« 新宿伊勢丹のサロン・デュ・ショコラと京都よーじや | Main | 京都&東京新宿伊勢丹のよーじやと京の桜と紅葉 »

February 02, 2010

テイラー・スウィフトと寺島実郎@アメリカという国

Taylor_swift_1001_a00 テイラー・スウィフト、最年少でグラミー賞4冠とのこと、近年日本レコード大賞の権威がかなり落ちたと聞いておりますので、アメリカのグラミー賞の価値がどれほどのものかわかりませんが、若干20歳の女性カントリー歌手テイラー・スウィフトさんが、グラミー賞の最優秀アルバム賞と、カントリー関連の賞3つを併せて4冠を獲りました、ビョンセさんが最優秀楽曲賞他6冠に輝いたそうなので、今年はこの女性二人で独占のようです。

テイラー・スィフトのグラミー賞2010での演奏(05:58)
Taylor Swift performance Grammy's 2010

で何でそれが寺島の爺ちゃんと関係あるかって?それは後程...記事に彼女の公演が臨海副都心青海の、ZEPP Tokyoであると書いてあったので、行ってみるべとチケットぴあなどのサイトをみたら売り切れでした、彼女がグラミー賞を獲ってからほぼ1日近く経っているわけで、恐らくその間に完売となったのでしょう、今後彼女を7千円で観ることは出来ないと思われるので、残念なことをしました、前日16日のZEPP Tokyoが空いているので、緊急追加公演は可能ですが、ハタシテ...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

というかカントリー歌手は最近では、シャナイア・トウェインさんがアメリカ国内で多くの人に知られ、彼女のコンサートは日本では横浜アリーナなどに相当する、バスケットボール会場を常に満員にすると聞きます、しかしシャナイアが日本でコンサートを開いても、5千人収容の東京国際フォーラムの、ホールAでの1日公演を満席に出来るくらいで、彼女のギャラを考えたらとてもペイしないでしょう、なので、もしかすると日本でテイラー・スウィフトさんを観る、最初で最後の機会となるのかもしれません。

さて昨日...夕刻から雨が雪に変わる中、東京新宿東口の紀伊國屋ホールで、寺島実郎さんの講演を聴いてきました、爺ちゃんは国内保守派が「鳩山政権は米国離れで危険である。」と、警笛を鳴らす元凶とも言われています、寺島さんはこう言います「日本は戦後常にアメリカというフィルターを通して世界を見てきた。」、このことは間違っておりません、戦後に物心付いた日本人は皆、アメリカ発の「奥様は魔女」といったホームドラマを視て育ったのです、早くアメリカという凄い国に追い付こうとし、現在は失われた時代が続いていますが、1960年代の高度成長からバブル形成の過程で、ある程度肩を並べるくらいにはなったのです。

アメリカは全米ユダヤ人の5割が集結しているという、ヒラリーさんが上院議員を務めていた?ニューヨーク州に代表される、民主党が伝統的に強い青い州(Blue State)と、ブッシュさんが大統領になる前に知事をしていた、テキサス州に代表される共和党が伝統的に強い、赤い州(Red State)に二分されると言われています、先日北東部のボストンがあるマサチューセッツ州の上院選で、民主党の候補が31年ぶりに破れたことが話題になり、オバマ政権に大打撃と書かれましたが、それはマサチューセッツ州が民主党が強い青い州であったからです。

さてここで若きテイラー・スウィフトさんが再登場します、カントリーミュージックというと日本人が知っているのは、ジョン・デンバーさんの「故郷に帰りたい(Take Me Home, Country Roads)」くらいだと思いますが、アメリカ国内では共和党が強い赤い州(Red State)で、圧倒的な人気を誇っているようなのです、このことはクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」で、第二次世界大戦末期のアメリカで戦争資金を集めに、硫黄島の戦いの英雄?たちが赤い州を巡回していたことからもわかります、我々が知っているアメリカはニューヨークに代表される青い州であって、アメリカの田舎である赤い州ではないのです。

寺島さんは自身のビジネス経験は、イランのイスラムのホメイニ革命に潰された、三井物産のIJPC(イラン・ジャパン石油化学)プロジェクトに始まると言って講演の口火を切りました、その当時まで日本企業は中東というとアラブ諸国とばかり付き合い、石油の出ないイスラエルとはコミュニケーションが取れていなかったそうです、三井物産の情報網にイスラエルが、ホメイニ革命の可能性を予知していたというのが引っ掛かり、寺島さんがイスラエルに行ってそのことを確かめることになり、そのときのユダヤ人ネットワークが、彼のアメリカと中東の情報元になっているようです。

彼は北海道の生まれだそうで、北海道にいるとロシアの脅威を感じるそうです、ロシアには黒海より南に出る南下政策と、極東シベリアから樺太とウラジオ(東攻?)に出る東進政策というのがあるそうです、ロシアの極東地域の人口は600万人らしいですが、そこには常にロシア人と紛争を起こしていた、ウクライナの人たちが半分いると言っていました、白系ロシア人と日本では呼ばれている人たちで、その一部は北海道まで進出し、そのもっとも有名な人が樺太生まれの、父親ウクライナ人で母親が日本人のハーフである、昭和の大横綱大鵬関です。

寺島さんは太平洋側の表日本と日本海側の裏日本という、区別が出来たのは戦後だと言っていました、日本がアメリカをフィルターとして世界を見る証左というわけです、確かにおっしゃる通りでありまして、1989年のベルリンの壁崩壊前までは、日本がロシアと中国という共産圏の国々が太平洋に出る防波堤となり、我々の視界から外れていたのは間違いありません、その一国である北朝鮮への拉致被害が公になり、日本人がそのことを問題視し始めたのは確かにこの10年くらいに過ぎません。

現在では日本海を渡った西側の韓国はもちろん、北側のロシアと中国との関係も重要になって来ており、そのことは現在拉致被害者の曽我さんが住んでいる、佐渡島がある新潟県などでは今後特に重要になるでしょう、寺島さんはロシアの極東地域に600万人が住んでいると言っていますが、より重要なのは数億人が住んでいると聞く、北から伊藤博文首相が暗殺された地・黒龍江省のハルピン、吉林省の長春、遼寧省の大連などの大都市で知られる、中国の東北部との関係でしょう、大連一都市で広大なロシアの極東地域に等しい600万人もの人が住んでいます、しかし地図で見ると某国が邪魔な存在であることがわかります。

米国軽視と保守派に揶揄される寺島さんは、当然ながら中国を重視しています、この講演の直前には香港で講演されていたようです、会場に成田空港から直行したと言っていました、講演に間に合わない可能性もあったワケですな、1000円という格安講演を軽視したかとブツブツ...本気の冗談はさておき(えっ)、この香港に赤道直下のシンガポールと台湾を加えて、グレーターチャイナと言っていました、全部で何億人いるか知らないのですが、アメリカにいる人も含めて華僑と呼ばれている人たちが、中国本土の特に沿海部の富裕層と繋がり、一大経済圏を築いているのは事実です、このことをバックに胡錦濤主席と温家宝首相が交代で、アフリカまで歴訪しているわけです。

彼の話しだとその昔大英帝国を築き上げた、アングロサクソンの国イギリスは、地図でロンドンから中東のドバイ、華僑経済圏のシンガポール、そして国旗にユニオンジャックが入り、貨幣にエリザベス女王が描かれているオーストラリアまで、一本の矢で結ばれるそうです、講演の最後の方でキーワードは理念、正当性、無局化の3つで、日本は産業と技術力で評価されるべきだと言っていました、ボクは保守派の何でもアメリカに従っていればヨイは問題ですが、無局化に向かっているのは事実にしても、現段階での彼が言い放ったと聞くアメリカ軽視は大問題です、日英同盟廃棄が悲劇の太平洋戦争・第二次世界大戦の敗戦に繋がった事実を忘れてはいけないと思います。

さて最後に苦言を二つ、一つ目は聴衆の平均年齢が還暦より上と高かったことです、30、40代の現役が少なく、70歳を越えた勉強熱心なビジネス退役軍人が目立ったことに落胆しました、爺ちゃんの講演は若干偏向があっても、聴くべきところは大いにありました、新著「世界を知る力」が、学長を務める多摩大学の学生を想定し、若者向けに易しく書き既に10万部売れたと喜んでいましたが、寺島さんも聴衆を見て恐らく落胆されたでしょう、二つ目は日本の講演の悪癖で恐らく質問する人もいないのですが、質疑応答の時間がまったく取られていなかったことです。

|

« 新宿伊勢丹のサロン・デュ・ショコラと京都よーじや | Main | 京都&東京新宿伊勢丹のよーじやと京の桜と紅葉 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テイラー・スウィフトと寺島実郎@アメリカという国:

» 一阿のことば 32 「〔しーたろう〕のクリスマスメッセージへの返信6」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
昭和50年代でしたか、尾崎巌という慶応の教授がいました。同期でした。 [Read More]

Tracked on February 03, 2010 11:23 PM

« 新宿伊勢丹のサロン・デュ・ショコラと京都よーじや | Main | 京都&東京新宿伊勢丹のよーじやと京の桜と紅葉 »