« 77歳のお爺ちゃんに託された日航の命運 | Main | 世界の今日の天気と日の出日の入 »

January 14, 2010

グーグル離脱?に見る中国国内の民主主義への胎動

グーグル「抵抗」中国衝撃、言論統制さらにとのこと、中国は共産党の一党独裁国家ですが、既にイデオロギーの共産主義は捨て去っています、鄧小平氏の南方講話以来、極めて平和裏に資本主義へと移行しました、ただ現在でも国家主義であり民主主義の国ではありません、しかしそろそろ民主主義への胎動が明らかになって来たようです、過度な言論統制をする国家はいずれ立ち行かなくなります、中国に残された課題は少数民族の扱いよりも、内陸部の農民の生活向上です、このことに一定の道筋が付けば、政権自ら民主主義を求めるのかもしれません。

ググール中国からの撤退を検討はとても印象的

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 77歳のお爺ちゃんに託された日航の命運 | Main | 世界の今日の天気と日の出日の入 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グーグル離脱?に見る中国国内の民主主義への胎動:

« 77歳のお爺ちゃんに託された日航の命運 | Main | 世界の今日の天気と日の出日の入 »