« 先住民族が侵略者に勝った歴史はない@アバター | Main | 今日東京~新大阪間の東海道新幹線が止まった »

January 29, 2010

力のあるアパレルが少なくなった@京都阪急閉店

Shopping_0907_a03 阪急、若者離れ痛手 四条河原町店、秋に閉店とのこと、奥さん有楽町の西武に続いて今度は京都の阪急ですって!大阪梅田で絶大な存在と思われる阪急百貨店も地盤のハズの京都で沈没です、閉店理由は吉祥寺の伊勢丹と恐らく一緒で、力のあるテナントが集まらないです、言い換えると日本のファッションをリード出来る、力のあるアパレルが少なくなったということです。

祇園祭が終わった土曜日に京都の繁華街に繰り出す
四条河原町~新京極通(05:59)賑やかな新京極通(10:57)
三条名店街・寺町通北(09:07)御池通地下街ゼスト(07:40)
寺町通南:三条~四条(07:31)錦天満宮と錦市場(09:28)
百貨店と日本はどうやって縮小均衡を達成するのか?
伊勢丹の吉祥寺店が閉店しても誰も困らない
わからなければ現場に行け!@伊勢丹吉祥寺店閉店

人気ランキングはどうなっているんだろう?

日経が指摘する低価格化・カジュアル化など、若者層の消費行動の変化に追いつけなかったのは百貨店だけではないのです、近くに新京極とか寺町といった若者で賑わう通りがあり、この場所を待ってましたと狙っている、H&Mとかフォーエバー21などの外資系ファストファッションもいて、跡地問題も勃発するハズ、なので記事がいうように京都駅周辺とか烏丸に負けて、祇園も近い河原町が地盤沈下するとは一概には言えないと思います。

京都の阪急は有力アパレルを隣りの高島屋に取られた、デパ地下もない大阪梅田の阪急本店とはまるで別の店ですが、そのことはデパ地下が貧弱な吉祥寺の伊勢丹も一緒です、伊勢丹は京都駅店でウハウハと言われていますが、今の世の中は一億総中流と言われ日本の大多数を占めていた中流層が、中流の下へそして下流層へと続々と転落しています。

それにリーマンショックが輪を掛けており、デパートで高級品を買いたくても買えない人たちが激増しているのです、業界勝ち組の超一流店舗と言われる、伊勢丹新宿本店と阪急大阪梅田本店も既に危ういかもしれない、このことは工事中で売場面積が半分になっていた阪急大阪梅田本店では感じませんでしたが、伊勢丹新宿本店では感じることがあります。

昨日のテレ東WBSで三陽商会など一部のアパレルが、細る百貨店からネットに販路を求めているとヤッテいましたが、新しい販路の開拓はもちろん重要ですが、最も重要なのは高級品を買いたくても買えない人たちが激増する中、自分たちがどういう商品を開発して売って且つ儲けて行くかです。

アルマーニが人気のエグザイルを宣伝キャラクターにすると言っていましたが、今の高級アパレルに必要なのは宣伝ではありません、彼らに今求められるのは何かを落として、ボクはまず素材と睨んでいますが、富裕層から落ちて中流の上に止まった人たちが買える価格の商品を開発することです。

しかしその裏側でネット"限定"と称して7割引で売るのなら、それは自分で自分の首を絞めるということです、そういう場所で売ることは自ら売り逃しを作っているに等しいのです、旧商品を3割引で売るのはひとつの戦術ですが、コストも確保できない7割引など戦術にすら入りません、そういう商品は捨てる覚悟で売れる数しか作らないという気概が求められます。

|

« 先住民族が侵略者に勝った歴史はない@アバター | Main | 今日東京~新大阪間の東海道新幹線が止まった »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 力のあるアパレルが少なくなった@京都阪急閉店:

« 先住民族が侵略者に勝った歴史はない@アバター | Main | 今日東京~新大阪間の東海道新幹線が止まった »