« 日米関係はボクらが思うほど悪化していない? | Main | グーグル離脱?に見る中国国内の民主主義への胎動 »

January 13, 2010

77歳のお爺ちゃんに託された日航の命運

日航CEOに稲盛氏 首相「日航再生は日本経済再生に寄与」とのこと、日航の命運は77歳のお爺ちゃんに託されたわけですが、勤務は無給で週3、4日とか...そりゃそうでしょうね、無給はともかく、週3日10~17時でも十分に過重労働です、記事にCOOは日航社内からと書いてあり、カネボウ化粧品の知識さん並みの、40~50代の若手の登用が期待されます。

あと稲盛さんが連れて来ると思われるCEO補佐が誰になるかでしょうネ?本来はこの人がCEO職に就くべきですが、稲盛さんじゃないと抑え付けられない、魑魅魍魎の類が日航社内とか担当官庁の国交省内の至る所に潜んでおり、夜毎に暗躍...つまり百鬼夜行をしておるのでございましょう、ハイ陰陽師・稲盛和夫氏でないと式神を使えないのであります。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 日米関係はボクらが思うほど悪化していない? | Main | グーグル離脱?に見る中国国内の民主主義への胎動 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 77歳のお爺ちゃんに託された日航の命運:

« 日米関係はボクらが思うほど悪化していない? | Main | グーグル離脱?に見る中国国内の民主主義への胎動 »