« 平日雨の夕刻六本木国立新美術館ハプスブルク展 | Main | 江戸町人文化の象徴...浅草と新宿の酉の市2009 »

November 12, 2009

企業年金の積立不足をチャラにしたらどうなるの?

【日航再建】「公的資金と年金減額は別」 OBが特別立法に反対表明、そして日航、海外ではモテモテとのこと、特に最初の記事を見てフト思ったのですが、日航に限らず企業年金の積み立て不足という、企業のレガシーコストをすべてチャラにしたらどうなるのだろう?アメリカでのGMの七転八倒にもみられるように、コレって企業を苦しめている最たるものではないだろうか?

何故積み立て不足に陥ったといえば、実際の運用利率がガタっと下がったのに、OBに約束した利率を下げられないからですよね、誰が損をしているのか...もちろん企業ですが、その儲けが大きく減るということで、現役社員は大損し新しい雇用も制限されます、製品価格が高止まりするので一般庶民にも大迷惑です、でももしチャラになったら損をするのは大企業のOBだけです。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

それも基礎年金と厚生年金には影響がなく企業年金部分だけです、例えば企業年金部分が30%と大きく下がっても、年金全体では15%くらいで収まります、月額48万円の日航の人なら7万円強減って41万円弱になるダケです、このように上澄みが消えるだけなので、少し贅沢が出来なくなった程度で済みます。

なので日航に限らず企業年金の積み立て不足をすべてチャラにして、企業年金に限らず年金の利率を、実際の運用利率に連動するように法改正すべきです、NTTという企業が過去裁判に負け続けているそうですが、その根拠法が改正されれば立場は一気に逆転します、一般庶民の生活と景気浮揚に大いに貢献するのでヤル価値大と考えます、如何でしょうか?

|

« 平日雨の夕刻六本木国立新美術館ハプスブルク展 | Main | 江戸町人文化の象徴...浅草と新宿の酉の市2009 »

Comments

株主の立場から見ても賛成票でしょうから、常識的に考えれば通る法案ですな。
問題は常識人がどれほどいるかだけど(汗

Posted by: 滑稽本 | November 12, 2009 07:52 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 企業年金の積立不足をチャラにしたらどうなるの?:

« 平日雨の夕刻六本木国立新美術館ハプスブルク展 | Main | 江戸町人文化の象徴...浅草と新宿の酉の市2009 »