« 歌舞伎界一番人気の市川海老蔵が小林麻央と結婚 | Main | 日航の企業年金44%削減は実質23%減である »

November 19, 2009

羽生善治は大山康晴に次ぐ50年に一度の棋士

今テレ東の番組で将棋の羽生善治さんが100年に一度の棋士と紹介していた、でもそれは残念ながらウソである、羽生さんは1970年9月生まれの39歳だが、彼の47年前の1923年...この年は9月に関東大震災が起こっているが、その半年前の3月に昭和の大名人と謳われた大山康晴さんが生まれているのだ、羽生さんは50年に一度の棋士という言い方が正しい!尚今年のボジョレー・ヌーヴォーは50年に一度の出来だそうだw。

本当に100年に一度というのなら、来年還暦を迎える歌舞伎役者の坂東玉三郎さんであろう、料亭の息子という梨園出身者以外の人が舞台で主役を張っている稀有な例だ、ボクはいつも彼の生の舞台を間近に観れる時代に生まれた幸せを感じる、過去に市川雷蔵さんとか中村錦之助さんなど、梨園の本流でない役者が映画界で超一流になったことはあるが、彼らは生前に歌舞伎界では認められなかった、まあ中村歌右衛門さんがいるのでこれも50年に一度と言われるかもしれないが...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ちなみに競馬界ではシンザン、シンボリルドルフそしてディープインパクトと20年に一度名馬が誕生している、次の名馬が登場するのは今から17年後の2025年になる、騎乗するのは現在19歳でそのときには36歳になっている、福永洋一さん、武豊さんに続く天才騎手と期待される三浦皇成さんだろうか...ちなみにシンボリルドルフに騎乗していた岡部幸雄さんは、落馬で騎手生命を絶たれた福永さんの同期である。

|

« 歌舞伎界一番人気の市川海老蔵が小林麻央と結婚 | Main | 日航の企業年金44%削減は実質23%減である »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 羽生善治は大山康晴に次ぐ50年に一度の棋士:

« 歌舞伎界一番人気の市川海老蔵が小林麻央と結婚 | Main | 日航の企業年金44%削減は実質23%減である »