« 民主党>>自民党も個々政策不満で次みんなの党 | Main | 若者はテレビを視ないがスポーツ観戦には足を運ぶ »

November 06, 2009

沈まぬ太陽・国民航空を設立せよ!@日航年金問題

日航、OBにも痛みを…前原国交相とのこと、詳しい法律を知らないのでアレなんだけど、新たに渡辺謙さんの「沈まぬ太陽」に出て来る"国民航空"なる会社を設立して、そこに日航の全事業を譲渡するとどうなるの?残った清算会社としての日航を最終的に潰せば、受給者の2/3の同意なしに企業年金部分をゼロに出来ると思うが如何だろう?これが法的に可能なら日航OBはゴチャゴチャ言っている暇はないと思うが...

日航が神戸空港便を廃止すると聞いたので東京(羽田)~神戸便を調べてみた、すると日航2、全日空2そしてスカイマークが5の計9往復となっている、早朝と夜しか便がない日航と全日空を両方とも廃止し、9便全てをスカイマークに統一したした方が遙かに便利である、そしてスカイマークは片道9800円という低価格であり、70分という飛行時間を考慮に入れれば、東京~神戸は実質2時間強だ、神戸出張はこっちだと思った次第...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
日航、年金基金解散も…特別立法で減額(読売)、及び日航再建、年金減額条件に公的資金 国交省検討(日経)とのこと、まあ年金基金解散の件はヨウわからんが当然の話しですね、日経の記事に企業年金の積立不足相当分を支給額から減額と書いてあるけど、これで支給額が何%削減になるんでしょうね、標準額でいくら減るのか下世話な人間^^としては知りたいトコです。

しかし日航は何で企業年金の積立不足という事態になるのだろう?日米IBMなどのIT産業はここ10年くらいで社員数が半減(以上?)しているハズです、米GMなどの製造業も社員数は大幅に減っていると思います、OB>現役になるのでこういう企業が積立不足になるのはわかります、ただ日航を調べたけどサービス産業ということで大して減っていないんですよね。

日航、来年6月までに16路線廃止とのこと、国内線の地方空港便がどこも真っ赤っ赤で、関空便が儲かっていないというのは良く知られていますが、成田からの杭州、青島(チンタオ)そしてアモイの、中国本土便を廃止するのは何故だろう?航空行政というより明らかに日航の企業体質の問題なんでしょうね。

スカイマーク 2009年夏季輸送実績

「羽田神戸便搭乗率」でググったら、神戸空港“視界”不透明 2年連続で需要予測下回るという、去年2月の古い産経の記事がひっかかりました、羽田の発着枠不足が影響しているとはいえ、搭乗率が78・2%(2007年)と高い羽田~神戸便を減便するとは恐ろしいことです、関空に不要な第二滑走路が出来たため、1日30便という便数制限も取れないとか、JAL撤退路線、他社に引き継ぎ期待と言っている前原国交相に期待します、そして大阪伊丹は即刻廃止して神戸に移管すべきです。

|

« 民主党>>自民党も個々政策不満で次みんなの党 | Main | 若者はテレビを視ないがスポーツ観戦には足を運ぶ »

Comments

■日航、年金削減案を提示…現役5割・OB3割-今日のこの事態はすでに20年以上前から根があった?!
こんにちは。日航のこの年金削減の件、いろいろ物議をかもしているようではありますが、まあ、「いたし方ない」ことだと思います。ところで、日航のこの事態、多くの人がふって沸いたかのように思われているふしもありますが、実は20年以上も前からその根はありました。私は、今日の事態をある私の実体験した事柄から予想していました。今日その予想があたったわけです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | November 24, 2009 12:00 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 沈まぬ太陽・国民航空を設立せよ!@日航年金問題:

» 《雑文》「日航年金削減OB反発」に感ずること [スペイン語+英語(・洋書、映画と東京散策) por YYT]
auの待受画面ニュースに「日航年金削減OB反発」というのが流れていた。 私は削減はおろか、日航が倒産するのなら、日航自身が運用していたつまり責任がある企業年金部分については全額なくなっても文句は言えないと思う。というかそれが当たり前だ。 国が運用して... [Read More]

Tracked on November 06, 2009 12:09 PM

« 民主党>>自民党も個々政策不満で次みんなの党 | Main | 若者はテレビを視ないがスポーツ観戦には足を運ぶ »