« 穴を掘って埋める仕事は必要か? | Main | 斉藤惇東京証券取引所代表@リーマンショック »

October 03, 2009

八ツ場ダムは中止でいいよ、国民を愚弄するな!

聞くところによると昨日(10月1日)八ツ場ダムの現場を、野党自民党の谷垣総裁が視察したようだ、国会では建設中止反対で対民主党の論陣を張る所存とか...これに群馬県などの関係自治体の首長に加え、与党民主党の前原国交相の視察のときには同席しなかった、地元住民と称する人たちも参加したらしい。

ボクはこのことを聞いてもう「八ツ場ダムは中止でいいよ」と思った、国民が選んだ政府の担当大臣が行ったときには出席を拒んで、野党の党首が行ったときにはイソイソと参加する...国民を愚弄するにも程がある、八ツ場ダムは自民党小渕優子衆議院議員の地元だそうだが、いったいどうなっているんだろうね。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

八ツ場ダムについてはつい1ヶ月前まで与党だった自民党と国交省の役人の方が、マニフェストに中止を盛り込むため手を尽くして調べたとはいえ、短期間では国交省からの情報もまだ十分に入っていないだろうし、与党になってホヤホヤの民主党よりは現時点で情報を握っているのは間違いない。

なら関係自体の首長と地元住民は一体となって、視察の際に前原国交相に民主党の知らない新事実を突き付け、八ツ場ダムの建設中止の撤回を迫るのが筋であろう、一応要望書なるものを手渡したらしいが、その中に新事実があるというマスコミの報道もない、なら改めて言う「八ツ場ダムは中止でいいよ」...ト。

《追記》
> この場合、「国民を愚弄するな」ではなく、「なんて程度の低い地元民たちなんだ」というのがふさわしいタイトルじゃない?←国語能力の問題です(泣)。

|

« 穴を掘って埋める仕事は必要か? | Main | 斉藤惇東京証券取引所代表@リーマンショック »

Comments

マルセルさん、この場合、「国民を愚弄するな」ではなく、「なんて程度の低い地元民たちなんだ」というのがふさわしいタイトルじゃない?
前原さんとの面会を拒んだのは町長他地元民だったんだし、彼らは推進派なのだから、推進しようとする人たちに会って何とかして貰おうと考えるのは、当然じゃない?

と、賛成、反対にかかわらず、少々疑問を。m(_ _)m

Posted by: さなえ | October 03, 2009 10:55 AM

有象無象の蠢きをみていると・・・、長期にわたる自民党政治のなんたるかが透けて見えますよね。

小渕優子さんはあたまのよい方だから、もう表にはでてこないでしょう。彼女への賛成派の陳情は水面下で激しいのかも知れませんが。(切り捨てても大丈夫と判断しているんじゃないかな)

ま、9月30日に第二子を出産したばかりだから、これから大きな渦に巻き込まれるのかも知れませんが。

小渕さんの旦那って、「花より男子」のプロデューサーなんだね。

Posted by: YYT | October 03, 2009 12:32 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八ツ場ダムは中止でいいよ、国民を愚弄するな!:

« 穴を掘って埋める仕事は必要か? | Main | 斉藤惇東京証券取引所代表@リーマンショック »