« 山手線100周年記念キップによる都内周遊の旅 | Main | まず医師から接種を受けよ!@新型ワクチン »

October 18, 2009

加藤和彦さん自殺...女性喪失症?

Polo_kazuhiko_kato 加藤和彦さん自殺「やりたいことなくなった」とのこと、写真はちょうど3年前の2006年10月11日の夜に、表参道のポロラルフローレンの裏手で、加藤さんの姿を認め撮ったものです、この時から3年後にいなくなるなんて...寂しすぎますよね、知人の女性によるとうつ病を患っていたそうですが、ボクには女性喪失症のような気がしてなりません。

表参道から裏原宿を抜けて...@2006.10.11
帰ってきたヨッパライ フォーククルセイダーズ(03:29)
青年は荒野をめざす フォーククルセイダーズ(03:10)
日本ダービー2008中丸三千繪国歌斉唱(01:54)

《追記》
そんなズバっと正しいこと(ある程度の年齢になれば、自殺の自由を認めて欲しいという話)言っちゃ...まあ女性は男の優しさにたえられないとも申しますが、死しても彼に寄りそう姿に悩まされたのかもしれません、男の中の幻影には勝てませんから...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

二番目の奥様であった作詞家の安井かずみさんと死別し、三番目の奥様であるオペラ歌手の中丸三千繪さんからは離婚を言い出されてしまいました、中丸さんを責めるつもりはありませんが男って弱いなとあらためて思います、あと原因として考えられるのは体調不良です、加藤さんが亡くなった歳までまだありますが、身体に自由が利かなくなったらどうしようと思いますもん、動けなくなったら生きるにあたわずと思うこともあります、どうぞ安らかにお眠りください(合掌)。

《追記2》
> 80才とかある程度の年齢になれば←そんな歳まで生きるつもりですか?あっしには異次元の世界です、最近朝から歩き回ると夕方には息切れするようになって来たし、それでも頑張ると翌日寝込む...(苦笑)、大昔パリで朝の6時から起き出して、タク・電車・徒歩で市内(ルーヴル&オルセー他)からヴェルサイユまで駆け巡り、夜はオランピアとクレージーホースで翌朝2、3時まで騒いでいたのが夢のようです、後30年なんて到底持たない、せいぜい15年がヨイとこですワ。

|

« 山手線100周年記念キップによる都内周遊の旅 | Main | まず医師から接種を受けよ!@新型ワクチン »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 加藤和彦さん自殺...女性喪失症?:

» 加藤和彦の自殺 [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
加藤和彦と言えばフォークル時代しか知らない。歌は好きだったし、よく歌っていたが、彼についてはひょろりとした背の高い京都の大学生という以上の印象はなかった。久しぶりに見た加藤和彦は、いつの間にか年月に磨かれ、穏やかそうな、笑顔のきれいないい男になっていた。....... [Read More]

Tracked on October 19, 2009 06:17 PM

» 主人のうつ病、そして克服 [うつ病克服@ブログ]
主人がうつ病になって3カ月が過ぎ、会社を休み続ける日々を送っていました。私ができることは、 「変に優しくしない、普段と同じ扱いをする」 「“がんばれ”と言わない」 [Read More]

Tracked on October 20, 2009 04:32 PM

« 山手線100周年記念キップによる都内周遊の旅 | Main | まず医師から接種を受けよ!@新型ワクチン »