« 自民党よ嵐を起こせば選挙は勝つ! | Main | 永ちゃん還暦ライヴを支える日本の凄いPA技術 »

September 21, 2009

ビジネス形態激変@ウィルコム私的整理とスカイプ

Mariko_takahashi_09090_a00 ウィルコム、返済延長要請へ 私的整理、PHS継続し再建急ぐとのこと、通話市場はケータイにデータ通信市場は無線LANにその座を奪われ、これ以上成長の余地はなくジリ貧ということですね、唯一頑張っていたのがスマートフォン市場というワケなんですが、これも欧米で流行っていたブラックベリーではなくて、アップルのiPhoneに侵食されてジエンド...さて最近のビジネスミーティングはパートナーとかお客様のトコに出掛けることなく、スカイプの音声のみで行うことが多くなりますた。

映画「地獄の黙示録」からドアーズの「ジエンド」(04:04)
高橋真梨子withソプラノサックスの「桃色吐息」(03:15)
高橋真梨子の「桃色吐息」@1984紅白歌合戦(03:10)
このとき既に35歳ですがカワユイなあ...今年の3月で還暦で永ちゃんより半年お姉さんなんですナ。
高橋真梨子&中森明菜の「桃色吐息」(01:47)

人気ランキングはどうなっているんだろう?

海外とヤルときは時差調整が必要ですが、コレ音がクリアで世界中ドコでも何時間話しても無料なんだワ、資料はメールで遣り取りしたPDFとかパワポです、ヘッドセットを付けているため両手が開くので、メモ帳を立ち上げればメモ書きもOK、スーツではなくティシャツ&ジャージ姿でパソコンに向っています、ということでケータイは電話ではなくメール専用になり、新幹線はビジネスというより観光目的での使用が多くなりました、もちろんフェイストゥーフェイスの必要性がなくなったワケではありませんが...

《追記》
スカイプは映像もサポートしているので、田舎のご隠居様が都会に住むお孫さんと交信するバヤイは、オトウサンが使い古したパソコンを故郷に持って行き、スカイプをインストールしてカメラを取り付ければOK、そして遠距離恋愛も問題はアレ^^のみとか...

《追記2》
> バーチャルで我慢←まあ吐息がヘッドセットからリアルに迫って来るワケでありまして、ここには到底書けない言葉の力にも頼れます罠、両手は自由なので映像を見るよりも目を閉じて二人で妄想の世界に耽溺した方がエエ鴨、ニューヨークから東京にいる彼女に、夜の11時から始めて白々と明るくなるまで繋げてもタダというのが実に素晴らしい!彼女は朝の9時からですがw...

《追記3》
高橋真梨子さんが歌う「桃色吐息」という曲が大好きで、大昔「抱かれるたび 素肌 夕焼けになる」という歌詩を聴いて中足^^ピンコ起ちになりますた(アラ)。

|

« 自民党よ嵐を起こせば選挙は勝つ! | Main | 永ちゃん還暦ライヴを支える日本の凄いPA技術 »

Comments

「よろしく哀愁」の世界ですね。(会え・・→やれ・・)にすればいいわけで。(^o^)

ただ、コントロールがまだできるようになる30代は大丈夫だろうけれど・・・、20代前半まではバーチャルで我慢できるのかな。(私だったら自信がない)

Posted by: YYT | September 21, 2009 11:41 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビジネス形態激変@ウィルコム私的整理とスカイプ:

« 自民党よ嵐を起こせば選挙は勝つ! | Main | 永ちゃん還暦ライヴを支える日本の凄いPA技術 »