« 衆議院選挙2009当落予想に直結する米国とのFTA | Main | 書評:島田雅彦さんの新書「徒然草in USA」 »

August 12, 2009

書評:佐々木俊尚著「ノマドワーキングのすすめ」

佐々木俊尚さんの新書「仕事をするのにオフィスはいらない~ノマドワーキングのすすめ」を読んだ、三種の神器としてブロードバンド、サードプレイスそしてクラウドを挙げています、これは概ね正しい、チョイ昔はオフィスと家でデスクトップ、出先でノーパソでしたが、出先にアイフォンが登場しこれで済むようになったというのもそうかもしれません、でも一番の問題はノマドワーキング出来る人って、10人のうち何人くらいいるのという話しです。

年収で400万円くらい貰っていた人が会社を離れてノマドワーキングするのは至難の業です、この不況でそんなことしてたら年収200万円にも満たないワープアでしょう、年収600万円貰える力がある人でも現在の情勢では半分の年収300万円がやっと、コレじゃ子供の教育費も出ません、年収800~1000万以上貰える力がある人だけが、ノマドワーキング出来る...そういう人は佐々木さんの本を読む必要は既にない、そのように思います。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 衆議院選挙2009当落予想に直結する米国とのFTA | Main | 書評:島田雅彦さんの新書「徒然草in USA」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評:佐々木俊尚著「ノマドワーキングのすすめ」:

« 衆議院選挙2009当落予想に直結する米国とのFTA | Main | 書評:島田雅彦さんの新書「徒然草in USA」 »