« 太田、北側、冬芝3人揃って落選!野田復活 | Main | いずれ究極の選択を迫られる日本:子供>老人 »

August 31, 2009

衆議院選挙2009東京選挙区などの総括と展望

昨日はNHKではなくずっとテレ東の選挙特番を視ていました、日経の田勢康弘さんというのは相変わらす視野が狭いね、キャスターの小谷真生子さんの鳩山代表へのインタビューで、マクロの経済政策はどうするの?と質問させていましたが、経済成長ありきという持論は如何なものかと思う、一般庶民の生活を如何に良くするのかというのが最大の眼目であり、経済成長は目的ではなくそのための最も有効な一手段に過ぎません。

所得税の累進課税は強化すべきと考えますが、社民党が言うように法人税増税をしたら、景気が悪化し一般庶民の生活に悪影響を与えます、かといって借金が既に800兆円を超えてしまった日本では、竹中さんが呪文のように唱える法人税減税も出来ません、海外の資金を日本に還流出来るようにするといった手法に限定されます、大企業にどのような支援をお願いして行くのか...そうあくまでお願いなんです、民主党政権の手腕が問われます。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

しかし社民党を閣内に入れるにしても、彼女らが望む厚生労働大臣は悪夢です、ココは党内左派の策謀を抑えて、民主党の左派以外の議員が是非抑えて欲しいポストです、今急いで憲法を改正する必要はありませんから、法務大臣あたりが適当でしょう、国民新党は郵政管轄の総務大臣ではなく国交大臣が適当でしょう、落選してしまった亀井久興さんが、高速道路無料の財源に道路特定財源を充てろと、至極真っ当なことを仰っていました、こういう発言を民主党の方から聞いたことはありません。

民主党の弱点は外交・安全保障と教育です、ココについては先日の記事「選挙の眼目は政権交代による政官財の癒着断ち切り」をご覧ください、この記事には書きませんでしたが、外交の第一プライオリティはあくまで対米国であって、対中国そして対韓国対アジアはその次です、まあ田中角栄さんを潰したような、アメリカの隠然たる強力な圧力が薄れていることは事実でありますが、下手に触るとまだまだ火傷を負います。

さて東京の小選挙区で当選した与党議員の相手は、民主党に競り勝った平沢さん以外は、石原長男が社民党、下村さんと井上さんが国民新党で、東京最西端の最も田舎の25区で、井上さんがダブルスコアで勝った以外はすべて接戦でした、公明党の太田代表が落選したように、相手が民主党なら下村さんは恐らく敗退し、石原長男が勝ってもほんの僅差だったでしょう。

前回民主党は現代表代行の菅さんの、開票終了間際に当選確実が出るという薄氷の1勝ダケでしたが、今回はまるでオセロゲームを見ているかのような圧勝でした、百合子姉さん小選挙区敗退の原因は、比例近畿ブロックで親分が橋にも棒にもかからない得票で落選した、某泡沫宗教政党と連携すると発表したせいらしいですが、この政治感覚の悪さは致命的と言えます。

下記は自民党比例区東京ブロックでの復活当選者と落選者ですが、別に得票率が最もヨイゆかりたんを当選させろ!というわけじゃありませんが(←トウセンサセロトイッテイル)、得票率が35.09%と他の3候補より5%も悪い平さんが、復活した5人中2位で当選するというのはどう考えてもおかしいです、この選挙区は民主党の公認争いに敗れた元議員が出て、三すくみの選挙になっており、自民党の平さんは本来なら民主党共食いの漁夫の利を得て、小選挙区で当選しなくてはいけないハズです。

               惜敗率 得票率 得票
当選: 4区・平 将明   93.5% 35.09%  93,583
落選:14区・松島 みどり 84.7% 40.48%  93,675
落選:24区・萩生田 光一 81.9% 40.52% 121,867
落選: 5区・佐藤 ゆかり 81.0% 40.77% 121,244

東京以外に移ります、国民新党は代表の綿貫さんと幹事長の亀井久興さんが落選し、当選した亀井静香さんが一旦代表に就任すると思いますが、郵政民営化反対などの主張が国民の支持を得られていないことが判明しました、新党日本も比例区の得票は泡沫政党並で、田中康夫さんの個人人気で冬芝爺を破ったに過ぎない印象です、両党に既に存在意義はないように思います、糸川さんのように民主党に鞍替えすべきです。

その中で渡辺喜美さんのみんなの党が、選挙戦術の失敗で2議席失い7議席に止まりましたが、一定の支持は得たように思います、民主党が大勝したことと同党と距離を置いたことでキャスティングボードは握れませんが、その動きを注視したいデス、公示直前に民主党に入党した田中真紀子さんは自身が小選挙区で勝ち、新潟県内の民主党躍進に貢献したように見えますが、次点の候補にかなり迫られ本人の得票数は過去最低ではないでしょうか、このことをどう見たらヨイのだろうか?

最後に太田、北側、冬芝の幹部3人以外にも、小選挙区全敗という過去にない大敗を喫した公明党の今後ですが、「ポスト太田」最有力も落選、新代表選出難航を読むと、新代表に政策通の山口さん斎藤さんと、創価学会に近い井上さん浜四津さんかでモメているようです、御大はお元気のようですが今年81歳と相当のご高齢でゴザイマスし、前者二人のどちらかにしない限り公明党の未来はないと断言出来ます、ハイみんなの党^^にならないと駄目なのです、英断出来るかナ...

《追記》
テレ東が鳩山ナラヌ小沢チルドレンが問題だと言っていた、確かに比例名簿の下位で当選した人は、郵政選挙の小泉チルドレンと一緒で、単なる員数合わせですから、レベルが低いかもしれない、しかし小選挙区から出た人は大丈夫でしょう。

|

« 太田、北側、冬芝3人揃って落選!野田復活 | Main | いずれ究極の選択を迫られる日本:子供>老人 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆議院選挙2009東京選挙区などの総括と展望:

« 太田、北側、冬芝3人揃って落選!野田復活 | Main | いずれ究極の選択を迫られる日本:子供>老人 »