« 書評:「娯楽都市・江戸の誘惑」~両国橋と両詰を歩く | Main | 麻布十番納涼まつり(夏祭り)2009に行く »

August 21, 2009

バトル・ロワイヤルと新世紀ヱヴァンゲリヲン

昨日のテレ東WBSだったかとおもうけど、今の20代前半の若者の思想を代表する映画は、名匠・深作欣二監督最晩年の作品「バトル・ロワイヤル」だと言っていた、ボクは観ていないので評価は差し控えるが、中学生同士が殺し合いを行い、生き残った者ダケが生きて行ける権利を勝ち取るという話しらしい。

彼らの10年先輩世代である団塊ジュニアを中心にしたロスジェネ世代が、実際に受けた仕打ちを"殺し合い"としてより凄惨に描いた作品のように思う、公開当時R-15指定ということで当の中学生たちは観れなかったらしいが、多くの若者たちの共感を受けたと聞く、是非観てみたい、そういう意味で新世紀ヱヴァンゲリヲンも、感受性が最も強い時期に見せる映画として適当ではなく、R-15指定が望ましいと考えます。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 書評:「娯楽都市・江戸の誘惑」~両国橋と両詰を歩く | Main | 麻布十番納涼まつり(夏祭り)2009に行く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バトル・ロワイヤルと新世紀ヱヴァンゲリヲン:

» 改稿《映画》醜い映画だ!=「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ [スペイン語+英語(・洋書、映画と東京散策) por YYT]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの「破」を映画館で、そのあと「序 Ver. 1.01」をDVDをレンタルして見ました。 私には、 「序 Ver. 1.01」>>>「破」 でした。 「序」には主人公の少年シンジを中心にした人間ドラマがあります... [Read More]

Tracked on August 21, 2009 11:39 AM

« 書評:「娯楽都市・江戸の誘惑」~両国橋と両詰を歩く | Main | 麻布十番納涼まつり(夏祭り)2009に行く »