« 臓器移植法と終末医療について考える | Main | 世界はフラットだでもカーブ化している »

June 21, 2009

太宰治

太宰治...若いころから自殺した奴の小説なんか読むものかと思っていた、でも今日「人間失格」の後ろに付いていた彼の年譜を見て気が変わった、彼が自殺する年に喀血したと書いてあったからである、結核という病気が死病でなくなったのはいつからだろう、昭和20年代後半からのようだ、太宰が亡くなった61年前の敗戦直後にはまだ死病だったことになる、彼が結核に取り付かれた後に書いたのが、代表作とされる「斜陽」であり「人間失格」だ、死に場所を求めていた彼の小説を読みたくなった。

《追記》
> 芥川龍之介←ムム、蜘蛛の糸、杜子春など読んでおるな(苦笑)、自殺を心中に替えた方がエエ鴨しれん。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 臓器移植法と終末医療について考える | Main | 世界はフラットだでもカーブ化している »

Comments

「斜陽」と「人間失格」は太宰治の、ある意味、遺書だったんですかね。


さて、
ということは、芥川龍之介は読んでいないということですね。

Posted by: YYT | June 21, 2009 02:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太宰治:

« 臓器移植法と終末医療について考える | Main | 世界はフラットだでもカーブ化している »