« 自分を表現するという強さ@ hitomi さんの写真集 | Main | 街の歴史:町田から先の小田急線沿線を巡る »

June 28, 2009

東西に分断された横浜のベッドタウン湘南台

Shonandai_0906_a00 今日は小田急線の快速急行電車に乗って湘南台に行って来ました、ココは小田急江ノ島線沿線と言うより、横浜まで相鉄いずみの線に乗って29分340円、関内まで横浜市営地下鉄ブルーラインで33分350円という横浜のベッドタウンですが、小田急線が高架になっておらず、人は巨大な地下通路で繋がっているとは言え、道路は完全に東西に分断されてしまっています。

東西に分断された横浜のベッドタウン湘南台(10:58)
夜に横浜中華街石川町から川崎へ(02:15)

Shonandai_0906_a01 Shonandai_0906_a02 Shonandai_0906_a03

この湘南台駅は乗り換えが超便利な、快速急行・急行電車で1コ新宿寄りの大和駅とは、明らかに一桁は違うカネがかかっていると思われますが、誰が設計したの?この馬鹿出て来いって感じです、小田急線のホームは地上にあるのに一旦地下に降りなアカンし、映像でわかるように西側の相鉄から東側の地下鉄まで、両線の改札間は歩いて2分もかかるのです、まあご本人は巨大な地下通路にいたくご満悦と思いますが(げっ)...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

大きな商業施設は東口にダイエーと相鉄ローゼンがありますが、駅周辺に大和のような賑やかな商店街はありません、飲み屋街も西と東にチラホラと散見されますが、はっきり言って夜の賑わいを想像することが出来ません、まあ昔野原だったトコに小田急線の駅があったので、相鉄いずみの線と横浜市営地下鉄ブルーラインの終着駅を置いたちゅうトコなのでしょう。

新宿~湘南台間は小田急だと50分520円です、平日だとスイカを使いますが、土日だとチケット屋で430円の土日回数券のバラ売りが安い、ついでに横浜までの340円が240円になる相鉄株主乗車証も買い帰路横浜に出ました、相鉄いずみの線沿線は丘陵地帯を切り裂くように中高層のマンション群が広がっており、相鉄線は二俣川の先から2015年にJR湘南新宿ラインへ、19年には日吉まで繋がり東急目黒線に乗り入れるようです。

Kanagawa_0906_a01 Kanagawa_0906_a02 Kanagawa_0906_a03

ちょいと髙島屋店内をブラついた後、京浜東北・根岸線で石川町150円に出て、元町から中華街という横浜黄金コースを辿りました、元町は裏手が山手の高台になっており坂で繋がっているんですな、土日の日中に歩行者天国をやっているようで、夏なら途中のゴディバに入り、冷えたチョコレートドリンクを片手のブラブラ歩きが最高です、色抑え目のABCマートがどことなくカワユイ、写真から切れていますが上の方に、間寛平さんのマラソン姿のポスターが貼ってありました。

Kanagawa_0906_a04 Kanagawa_0906_a05 Kanagawa_0906_a06

中華街の横浜大世界前でおいしそうな串焼売を売っていました、ボクは市場通りの景徳鎮がお気に入りで、長い行列が出来ていない限り入ります、写真のように中華街は人で溢れていましたが、以前のような長蛇の列ではなく直ぐに入れました、ただ中華はやっぱり3、4人で行かないと楽しくありません、一人で行くと写真のように食べ切れない焼そばとビールという組み合わせにならざるを得ないのです、ただこの量で840円ですから、安いといわれる王将と価格面でも比べることが出来ます。

Kanagawa_0906_a07 Kanagawa_0906_a08 Kanagawa_0906_a09

関帝廟通りにも豚まんの江戸清があり、その後石川町駅中華街口(北口)に出たら、川崎まで210円と書いてあったので、横浜駅で東急東横線に乗り換えるのを止めて、京浜東北線でそのまま川崎に出てみました、新しく出来たと聞くJR川崎駅東口BEEの1階に、クリスピークリームドーナッツがオープンしていました、夜8時半過ぎという遅い時間ですが行列が出来ていました。

その後京急川崎駅裏のディープな箇所を巡って来ました、夜の9時少し過ぎですが以前行った夕方には開いていた飾り窓の幕が下りていました、イタしている最中なのか当局の査察で閉まってしまったのかはヨウわかりません、いずれにしてもこの界隈から徐々にネオンが消え、年を追う毎に寂しくなるように感じます。

石川町~新宿間は全線JRだと、横浜~新宿間最速29分の湘南新宿ラインが使えますが620円もかかります、石川町~川崎、京急川崎~品川、品川~新宿と2回降りても同じ620円で、横浜~渋谷間を東急に乗ると560円で済むのです、JRは山手線内と東京都内での乗り降りとか、横浜・川崎~品川間といった特定区間は安いのですが、それ以外は高いです。

《追記》
> かなり神田寄りに地下道が一本あるだけ←そうかな...八重洲側は大丸のトコだし、丸の内側はオアゾのトコで一応中心部と言えると思います、南側の八重洲ブックセンターから丸の内側に出るのも、双日(旧ニチメン)本社ビル脇からガード下を潜って、東京国際フォーラムに出るか、京葉線東京駅の地下自由通路があって、不便さ^^ということでは東西連絡道が北側歌舞伎町至近の、靖国通りが青梅街道に替わる大ガード下と、南側の甲州街道という新宿駅とさほど変わらんと思います。

> 新宿は真ん中に、地下道ですが...抜け道←ああ~思い出横丁の脇にありますね、まあ新宿は定期で抜けちゃうからネ、というかこの記事の話題は雑談として横浜&川崎のことも書きましたが、基本は神奈川県郊外の湘南台という駅周辺についてです、都心にある大きな駅...東京駅でも新宿駅でもないのですが...

《追記2》
> 慶応大学の学生さんが駅前のチェーン店系飲み屋とかマックで時間をつぶしてるのは可哀想!←貴重な情報ありがとうございます<(__)>、駅前に賑やかな商店街とか、おいしいラーメン屋がある飲み屋街とかないんですか?

|

« 自分を表現するという強さ@ hitomi さんの写真集 | Main | 街の歴史:町田から先の小田急線沿線を巡る »

Comments

東京駅も丸の内口と八重洲口の二つに分断されていると言えますよね。(かなり神田寄りに地下道が一本あるだけ)

だから、私は丸の内口の周辺に行くときは東京メトロ・丸の内線を、八重洲口に行くときは東京メトロ・銀座線の日本橋駅を使っています。

だから、書店巡りが私の趣味だけれど・・・、八重洲ブックセンターはあまり行かない。(東京駅の両側に、アマゾンにはかなわないが洋書の充実している丸善があるので)

ま、新橋駅、有楽町駅、神田駅(そして新宿駅)のようにイージーにガード下をくぐれないと両側がつながっているとは言えません。
#東京駅の端と端って他の駅よりかなり離れていますよね。(新幹線があるから?)

ま、上野駅のように地下ではなく地上にベデストリアン・ブリッツ(でっかい歩道橋)を作ってもいいんだけど) 上野のお山があるからそれが出来たとも言えますが。

Posted by: YYT | June 28, 2009 11:06 AM

新宿は真ん中に、地下道ですが、東口のロータリーからユニクロの前にでる抜け道がありますね。(これがかなり便利)

甲州街道沿いの両側に二つ(高島屋+紀伊国屋をわけると三つ)、靖国通り沿いの両側に二つ、合計四つ(五つ)の繁華街が、港であるJR新宿駅を取り囲むようにあるので分断のイメージは私にはあまりありません。

東京駅は二つの繁華街の中心部であるオアゾと大丸が、新宿と違い駅の両端ではなく真ん中にあり、繋いでいるのは新宿の抜け道のような地下道ですから(それも新宿より長い)、駅の両端を中心に繁華街が拡がっている新宿より分断されているイメージはよりつよいと思います。

Posted by: YYT | June 28, 2009 01:22 PM

藤沢地元民です。
湘南台は藤沢市民的には人口的文化都市?って感じで25年くらい前から、駅前から徒歩10分くらいのところに(当時としては)大型図書館、広大な公園、文化センター(劇場含む)などが建設され、道路も綺麗に区画整理され広々していて、当時としては気持ちのいい街でした。

横浜市営地下鉄と相鉄線は来る来るって20年以上前から言われていましたが、大分時間がかかりました。
私はここしばらくはずっと都内に住んでいて最近藤沢に戻ったので、たしかに無駄な空間大すぎ!とか駅からバスで20分くらいのとこにある慶応大学の学生さんが駅前のチェーン店系飲み屋とかマックで時間をつぶしてるのは可哀想!とか思っていましたが、まあこれはこれでいいのかも・・・というのが地元民の感覚ではないかと。

ごちゃごちゃうるさいのは藤沢駅周辺とか横浜に任せて、このあたりはのんびりでいいわというのが地元の本音のようです。坑外型の感覚(車移動前提)の住民も多いと思われます。。まあもうちょっと駅前が発展してもいいとは思います。この駅からバスが出ている大学は慶応の他にも、文教大学・鎌倉女子大学・横浜薬科大学の3校もありますので。

ちなみに無駄に広い駅地下通路ですが・・・地元中高生ダンスチームの良き練習場になっているようです。

Posted by: yuki | June 29, 2009 02:29 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東西に分断された横浜のベッドタウン湘南台:

« 自分を表現するという強さ@ hitomi さんの写真集 | Main | 街の歴史:町田から先の小田急線沿線を巡る »