« 小田急&相鉄線大和駅周辺散策~駅北東の商店街 | Main | 再開発を間近に控えた相模大野の大野銀座商店街 »

June 26, 2009

アメリカで2年も前に刊行された本@ブラックスワン

サブプライム問題を発端とした世界同時不況を予測したとされる本、ナシーム・ニコラス・タレブさんが書かれた「ブラックスワン」が書店の店頭に平積みされています、新宿紀伊國屋書店と東京駅丸の内口の丸善でチラっと中身を見ました、日本語訳は2冊計で3600円也ですが、両書店とも英語版のペーパーバックを横に置いており、丸善はペンギンで1500円強で新宿紀伊國屋は出版元を忘れましたが1800円だったかな...

アメリカで2年も前に刊行された本ですからね、こういう本のハードカバーは結構するはずで、確か日本語訳の3600円では買えないと思いました、いずれにしても重要な本でも著者が日本で無名だと翻訳されないことが多く、この手の本を英語で読めないとグローバル社会では勝ち抜けませんな、しかし欧米人の本は余談が多くて訳書でも読むのに時間がかかります、本のコンセプトだけなら新書1冊で伝えられるのですが...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 小田急&相鉄線大和駅周辺散策~駅北東の商店街 | Main | 再開発を間近に控えた相模大野の大野銀座商店街 »

Comments

そういえば、少しでも面白い、つまり売れると思える本は版権を押さえてしまって翻訳できないようにしているらしいですよ。で、その会社の判断で、翻訳もされず、版権は押さえられたままというものがかなりの数に上っているという話です。

Posted by: さなえ | June 26, 2009 08:03 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカで2年も前に刊行された本@ブラックスワン:

« 小田急&相鉄線大和駅周辺散策~駅北東の商店街 | Main | 再開発を間近に控えた相模大野の大野銀座商店街 »