« 西友の女子ファッション衣料展開の成否は? | Main | 雨上がり初夏6月の堀切菖蒲園...満開の花菖蒲 »

June 05, 2009

夕闇迫る浅草ロック座で雨と取り巻きに踊る元グラドル

Asakusa_0906_a00 今日は夜浅草で用事があった...ちゅうか場所をワザワザ浅草にして^^、その前に元人気グラドルが出演するという、ロック座の様子を眺めて来ました、行ってみると芸能マスコミが雨合羽をはおって貼り紙を撮ったり、劇場に前に十数人タムロしていましたが、ファンが列をなして溢れているという感じではありませんでした。

夕闇迫る浅草ロック座で雨と取巻きに踊る元グラドル(10:56)
浅草三社祭本社神輿三之宮担手替@花川戸の夕刻(10:57)
浅草三社祭本社神輿一之宮担手替@雷門前の夜(10:57)
土曜日の浅草三社祭~仲見世と伝法院通りの神輿(10:58)
真夏の世の夢:浅草浅草寺ほおずき市の雑踏(10:55)
江戸の粋を伝える浅草寺の羽子板市1(03:51)2(09:44)

夜6時過ぎの仲見世 雷門前@三社祭り 大江戸線新御徒町駅 
Asakusa_0906_a01 Asakusa_sanja_0905_b03 Asakusa_0906_a02

人気ランキングはどうなっているんだろう?

先程自宅に戻ってサンスポをチェックしてみると、4回あるステージのうち最初の2回をキャンセルするなど、いろいろあったようですが、元事務所と無事...イヤ筋書き通り^^?話し合いが付いたようで、3回目から出演したと書いてありました、話題作りもひとまずこれで終了、明日からは通常にステージをこなすようです。

ただサイトをみると話し合い終了後に、入場料が8千円といつもより2千円も上がり、且つ午前中に来れば千円という早朝割引がなくなっておりました、夕闇迫る浅草ロック座で雨と取り巻きに踊る元グラドルちゅう感じでございますナ、話題作りに涙ぐましいまでの智慧を絞っているようで、とても好感が持てます。

さて浅草の仲見世は昼の街です、上野のアメ横と一緒で夜の6時を過ぎると店のシャッターが下り、ご覧の感じとなってしまします、このことは天ぷらの大黒屋が店を構える、伝法院通りでも変わらないようです、そこからバラックの飲み屋街を抜けると、右手に遊園地の花屋敷が見え、左手にJRAのWINS浅草があります、ココがお目当てのロック座がある浅草六区です。

浅草六区は都営地下鉄大江戸線からだと、今日はそのルートを取りませんでしたが、新御徒町駅で直下にホームがあるつくばエクスプレスに乗り換えて、その浅草駅からちょうど外に出たトコにあります、ボクが生まれた頃は賑やかな映画街だったようで、今もロック座、上記花屋敷とJRAのWINSの他に、改装中の大衆演劇の小屋そして落語の浅草演芸場などがあり、その残滓が残っておりますが、お世辞にも賑わっているとは言えません。

ということで映像は元人気グラドルをエサに、浅草の街を見せようという釣りですが、見事成功したでしょうか?仲見世と浅草寺は三社祭り、ほおずき市、羽子板市などで人を集め今も賑わい、夜になると飲食店が多いアケード街・新仲見世に人が流れるようです、でもロック座のある浅草六区は、街自体がどこか汚くもっと人を集める工夫がいると思います。

|

« 西友の女子ファッション衣料展開の成否は? | Main | 雨上がり初夏6月の堀切菖蒲園...満開の花菖蒲 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夕闇迫る浅草ロック座で雨と取り巻きに踊る元グラドル:

« 西友の女子ファッション衣料展開の成否は? | Main | 雨上がり初夏6月の堀切菖蒲園...満開の花菖蒲 »