« 小田急線の駅ビルに囲まれた人工都市相模大野 | Main | 江ノ電の車窓から観る湘南の海の風景 »

June 14, 2009

JR東海道線・小田急・江ノ電の広大な藤沢駅周辺

Fujisawa_0906_a00 JR東海道線、小田急そして江ノ電と三つの電車が通っている藤沢駅周辺を歩いてみました、ココには南口の江ノ電の駅がある藤沢小田急と、北口のさいか屋と二つの百貨店があり、南口西側にはユニクロとタワーレコードが入っている専門店ビル、南口東側奥に食料品ダケではなく何でも売っているOKストアと、都心には確か高田馬場にしかないおばちゃんファッションのしまむら、そして北口にはビッグカメラがあるなど駅周辺はかなり広大です、1時間程度の視察^^では北口側はほとんど見れませんでした。

JR東海道線小田急江ノ電藤沢駅周辺1(09:57)2(05:56)

Fujisawa_0906_a01 Fujisawa_0906_a02 Fujisawa_0906_a03

人気ランキングはどうなっているんだろう?

そういえば小田急...藤沢駅で新宿まで54分570円と謳い、快速急行を本線の新宿~小田原間ではなく、江ノ島線の新宿~藤沢間に日中30分間隔で走らせています、新宿から片瀬江ノ島行きの直通電車はなくなったようです、同一ホームから直ぐに出る各駅停車に乗り継ぎます、小田急線藤沢駅はスイッチバックという事情もあり、この方が合理的かもしれません。

小田原へは新宿でこの快速急行電車に乗れば、途中の相模大野で約10分前に出た急行電車に追い付くようになっています、本来なら快速急行小田原行きに乗れば、相模大野で片瀬江ノ島行き急行に追い付くだと思いますがそうはしていません、明らかな最速47分で950円というJR湘南新宿ライン対策ですね、まあ小田原にはロマンスカーで行って欲しいということでしょう。

駅南口東側奥のOKストアが入っているビルの4階にある、ファッションのしまむらは聞きしに優る安さですが、そのファッション性は?です、比較対象が悪いのですが原宿のH&Mとかフォーエバー21とは、はっきり言って比べ物にはなりません、出している服は商店街の昔ながらの洋品店と同じくダサイなと感じるものです、ただひたすらに価格が安い...だから売れる、そういうコスト構造を構築した、なので利益も上がるということだと思います。

蛇足ですが明治神宮御苑の花菖蒲の後に歩いた原宿・表参道では、フォーエバー21の目立つ黄色のビニール袋が花盛りです、ライバルのH&Mの紙袋を下げている人は一人しか見かけませんでした、そしてフォーエバー21の袋を手に持っている人の、五人に一人が何と彼らの想定顧客10代女性のお母さんに当たる、40~50代の女性なのです、彼女たちがファッションのしまむらの服に満足していない可能性があると思った次第です。

《追記》
情報ありがとうございます。

|

« 小田急線の駅ビルに囲まれた人工都市相模大野 | Main | 江ノ電の車窓から観る湘南の海の風景 »

Comments

自分のブログのアクセス解析ログに残っていた「ヨドバシカメラ ビックカメラ ヤマダ電機」というフレーズでググってみて、検索結果一覧から辿り着きました。

藤沢も随分変わってしまったんですね。10歳~14歳まで、藤沢市にほぼ接した茅ヶ崎市(最寄り駅は辻堂)に住んでいました。

藤沢には週末親とよく買い物に出かけました。子供だけで自転車で藤沢や江ノ島にもよく行きました。

日曜日に都内の塾に通うために、藤沢~新宿まで小田急で通い、講義が終わった頃、たまに新宿駅まで迎えに来てくれた母と、新宿の小田急百貨店の13階ぐらいにあった、肉系の店ですきやき定食を食べるのが定番だった頃が懐かしいです。

小田急百貨店の藤沢店は、当時は江ノ電百貨店で駅を背にして江ノ電の右側のビルは十字屋というデパート(?)で、左側には有隣堂とかが入ったテナントビルがあって、少し海よりに行ったところにはイトーヨーカドーがありました。確か東急ハンズも南口にありました。

北口のさいかやの駅を背にして右のビルは、さいかやが店舗を新築して隣に移転した後のビルで、もともとはさいかやでした。

さいかやが移転した後、ビルを取り壊すのかと思ったら、そのまま丸井がテナントとして入居し、たぶんその後ビックカメラに変わったのでしょう。

さいかやの少し先にはダイエーもありました。当時は駅から離れているにも関わらず、一番客が入っていて、週末は駐車場入りを待つクルマが原因で渋滞まで発生するほど、繁盛していました。

藤沢駅は人口規模の割には商業施設がすごく集積していて、何もない茅ヶ崎駅や平塚駅、大船駅とは当時から全然様相が違いました。

ちょっとした買い物は藤沢、もう少し真剣に買い物をしたい時は横浜、特別なときは日本橋というような使い分けを両親はしていました。

もう30年も前の話です。

しかしJRは相変わらず高いですね。渋谷~横浜間の東急東横線もそうですが、新宿~藤沢間の小田急もほぼ半額の料金で、列車の本数も湘南新宿ラインは少ないのに、JR東日本シフトで、特急(東横線)や快速急行(江ノ島線)を新設してるんですね。

藤沢でのスイッチバックがなくなったということは、ロマンスカーの江ノ島号は藤沢行きになったのでしょうか?

久しぶりに、藤沢や茅ヶ崎に行ってみたくなりました。

長々と失礼しました。

Posted by: どろんじょ三世 | June 17, 2009 09:03 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR東海道線・小田急・江ノ電の広大な藤沢駅周辺:

« 小田急線の駅ビルに囲まれた人工都市相模大野 | Main | 江ノ電の車窓から観る湘南の海の風景 »