« アメリカはキリスト教の農業大国である | Main | 京都で目に付いた店はよーじやと伊兵衛 »

April 14, 2009

最近ビジネスリーダーが書かれた本がとても興味深い

最近読んで面白いと言うと失礼でとても興味深かった本は、元双日社長の西村英俊さんが書かれた「会社は毎日つぶれている」と、元ボーズ日本法人社長佐倉住嘉さんの「修羅場のビジネス突破力」と言う2冊の新書です、どちらもつい最近までビジネスの現場...それもトップと言う立場で仕事をされていた方の本です。

学者先生とかコンサルタントの書かれた本ももちろん参考にはなりますが、それはあくまでビジネス技術というかテクニックに限られます、佐倉さんがビジネスは博打だと書かれていますが、ビジネスの現場を知るには、彼らビジネスリーダーが行った、切った張ったの勝負を記載したモノを読むのが、自分でビジネス経験を積むことの次に大事だと思います。

《追記》
ビジネス技術を学ぶには大前研一さんの「企業参謀」と、最近復刻された「現代の経営戦略」がとても興味深い、30年位前の本ですが当然のことながら、勝間本何かよりよっぽど役立ちます。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« アメリカはキリスト教の農業大国である | Main | 京都で目に付いた店はよーじやと伊兵衛 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近ビジネスリーダーが書かれた本がとても興味深い:

« アメリカはキリスト教の農業大国である | Main | 京都で目に付いた店はよーじやと伊兵衛 »