« 満開も桜吹雪が舞うピンクの絨毯の新宿御苑 | Main | 最近ビジネスリーダーが書かれた本がとても興味深い »

April 14, 2009

アメリカはキリスト教の農業大国である

アメリカというと日本人は直ぐにニューヨークとロス、そしてワシントンなどの大都市を思い浮かべますが、その三都市が実ハ特殊な例で、人口100万人のシスコ辺りからその傾向が垣間見られるようですが、キリスト教のプロテスタント教会に毎日曜日毎に礼拝に行く、牧歌的な農業大国でカントリーミュージックの人気が凄まじいようです、スプリングスティーンのボーンインザUSAも、カントリーのテーストがふんだんに入っているとか...

昔NHKBSでディーバズライヴという番組を観たら、マライア・キャリーとかグロリア・エステファンなどのビッグネームと一緒に、日本人が恐らく知らない歌手が一人出ていました、シャナイア・トゥエインですが、彼女は日本じゃライヴハウスを満員にするのにも苦労するかもしれませんが、アメリカではバスケットボール場でコンサートを開き、いつも満杯だそうです、そう言えばかのエルビスもアメリカではカントリー歌手だったんですよね。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
ブルーステートとレッドステートなんちゅう議論はしませんw。

チャーリー・ヘイデン:ファミリー&フレンズ花崗岩のつぶやき
Shania Twain - From This Moment On(04:02)
ユニバーサルの公式サイトの映像で2年間に700万ビュー近くあります、しかしこれがカントリーなんですかね、日本でも結構売れそうな気がしますが...
Whitney Houston - I'll Always Love You(04:38)
ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーが共演した「ボディガード」のテーマ曲?もろにカントリーという感じです、2年弱で約200万ビュー、この3つで一番少ない。
Dolly Parton - I will always love you(02:46)
こちらカントリーの大御所ドリー・パートンの元歌は2年半で350万ビュー...相手はバート・レイノルズですかね。

|

« 満開も桜吹雪が舞うピンクの絨毯の新宿御苑 | Main | 最近ビジネスリーダーが書かれた本がとても興味深い »

Comments

Youtubeでヴィンス・ギルとドリー・パートンの競演が見れますね.ヴィンス・ギルの知名度も日本ではあまり高くありませんが(笑).これは95年のカントリー・ミュージック・アワードの映像のようですが,ヴィンス・ギルが歌っていると,ドリー・パートンが現れるという演出は,日本ではスペシャルの定番であるモノマネ,唄マネでのお笑い芸人と歌手のやり取りに化けてしまっています.日本とアメリカの落差は結構大きいと思いますよ(笑).

Posted by: tantanmen | April 18, 2009 09:18 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカはキリスト教の農業大国である:

» チャーリー・ヘイデン:ファミリー&フレンズ [花崗岩のつぶやき]
ファミリーamp;フレンズ:オーシャン・オブ・ダイアモンズクチコミを見るチャーリー・ヘイデン,パット・メセニー,ブルース・ホーンズビーと来て,ジャズ・アルバムかと思ったら,これも何とカントリー.といってファミリー&フレンズというタイトルが示すように,彼....... [Read More]

Tracked on April 18, 2009 08:31 AM

« 満開も桜吹雪が舞うピンクの絨毯の新宿御苑 | Main | 最近ビジネスリーダーが書かれた本がとても興味深い »