« 散策:紀伊国屋書店裏~新宿ピカデリー~伊勢丹 | Main | 永井荷風の墨東綺譚から街の盛衰と雇用を考える »

February 03, 2009

日本の発展を妨害した高速道路と空港の不備

下記は東京と千葉の15万分の1の地図です、左の東京の方を見て先ずわかるのは、外環道が必要とされる部分の2/5くらいしか出来ていないことです、西部の2/5は羽田空港まで開通するのが理想ですが、あと1/5造れば先ず中央高速、焦眉の東名そして第三京浜まで繋がるのです、ココが出来ていないため、環八が慢性的な大混雑になっているのです。

Tokyo_maps_a01 Chiba_maps_a01

そして都内に用がないのに道幅が超狭い首都高を利用するクルマが多く、浜崎橋辺りはいつも大渋滞を引き起こしており、一度事故が起こるとディフォルト状態になるのです、外環道が完成すれば地図の外にある圏央道は不要になり、埼玉以北の人は都内に入りません、第二東名は藤枝辺りの柱が長年店晒しになって老朽化^^していますが、東京・横浜へのアクセスに問題を残しており、交通量の少ない御殿場以西は要りません。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

そして成田空港について言えば、開港して30年経ちますが長年4000mが1本しかないので、成田新幹線が旅客数が採算ラインを確保できないため開通せず、ようやく最近になって京急線~都営浅草線~京成線~北総線という形で、羽田空港~成田空港のホットラインが開通する予定という有様です、それでも地図1枚に入り切らないくらい遠いので、空港間乗り換えには実質2時間は必要だと思います、新幹線なら半分の1時間で済みます。

今成田空港不要論が巻き起こっているとか...羽田沖に滑走路がもう1本出来るからですが、そもそも僻地^^成田に新しい空港を造らざるを得なかったのは、当時の羽田周辺の方々の我が儘と聞きます、外環道が完成しないのも同様の理由です、空港、高速道路そして鉄道・地下鉄など、公共交通機関の敷設に理不尽なことが多いのは事実ですが、一度国などがココに造ると決めたなら、住民は土地を売るときの条件闘争に徹するべきなのです。

この他東京の地図を見てわかるのは、山手線と武蔵野線の間を南北に走る電車がないことです、羽田空港~蒲田~田園調布~二子玉川~成城学園前~仙川~吉祥寺~上石神井~石神井公園~成増なんちゅう路線が欲しいトコです、最近クソ深い地下鉄が増えていますが、立ち退きに応じない極一部の我が儘な人のせいです、このため大深度地下法なるものが出来たのでしょう、せめて駅ダケは地表に近いトコに造って欲しいものですが...

《追記》
> 横田の壁←コメントありがとうございます、僻地呼ばわり申し訳ありません<(__)>、横田空域の一部解放は石原都知事の数少ない^^功績として認めてヨイのかもしれませんネ。

|

« 散策:紀伊国屋書店裏~新宿ピカデリー~伊勢丹 | Main | 永井荷風の墨東綺譚から街の盛衰と雇用を考える »

Comments

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
僻地成田市民です(^^)

成田に空港を作るというのは、空域の問題とも関連があるようです。

http://shipay.blog87.fc2.com/blog-entry-56.html

羽田周辺住民の我が儘がなかったとしても「横田の壁」という問題で、増便は難しかったのかもしれません。

Posted by: 井伊田竹篦 | February 03, 2009 01:56 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本の発展を妨害した高速道路と空港の不備:

« 散策:紀伊国屋書店裏~新宿ピカデリー~伊勢丹 | Main | 永井荷風の墨東綺譚から街の盛衰と雇用を考える »