« 本^^内藤新宿一丁目の花園町を歩く | Main | ゾンビ復活の兆し...思考停止の公共工事がまた始まる »

February 05, 2009

高橋洋一さんの政府紙幣...やってみたら!.

巷で"政府紙幣"なるものが話題になっているようです、竹中平蔵さんの一の子分と聞く高橋洋一さんのアイデアだそうな、ボクはやってみたら?と思います、老若男女一人一律20万円と言うことは発行総額約25兆円です、そして夫婦と子供二人の4人家族で80万円になります、コレは超ドでかいです、但し台湾の"消費券"と同じく消費限定で銀行預金不可、且つフツーのお札...日本銀行券でのお釣なしにしなくてはいけません。

消費に使われなくてはまったく意味がないからです、で単位は大きな買物を誘うように、1万円単位ではなく5万円単位の方がヨイと思います、そして最も大事なことは100年に一度^^の限定とすることです、何故なら政府紙幣の発行と言うことは、発行額分の円が毀損するということだからです、対内的には影響が少ないかもしれませんが、対外的な影響は大きいと思われます、その意味でもヤルなら超円高の今しかありません。

《追記》
知人が有効期限を半年にして電子マネーにしたらと言っていました、確かに有効期限は入れた方がいいですね。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 本^^内藤新宿一丁目の花園町を歩く | Main | ゾンビ復活の兆し...思考停止の公共工事がまた始まる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高橋洋一さんの政府紙幣...やってみたら!.:

» 政府紙幣と円天は別の意味で相性合いそう [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
ロイター:政府紙幣・無利子国債発行に向け、3月末までにとりまとめ=自民有志議員 政府紙幣は現行の日銀券とは別に政府が紙幣を発行し、日銀が資産として保有することや、市中で流通させるケースなどが想定されている。政府の債務ではなく、利子負担も発生しないが、政府の財...... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 11:07 PM

« 本^^内藤新宿一丁目の花園町を歩く | Main | ゾンビ復活の兆し...思考停止の公共工事がまた始まる »