« 用心棒が守る夜の新宿駅東口地下街イケアの広告 | Main | ダボス会議が始まったが世界経済の復活は遠い? »

January 29, 2009

今後の世界経済の構造はどのようになるのか?

今ヨーロッパは夜の6時...スイスの山の中ダボスで今年の世界経済会議(World Economic Forum)が始まります、今年のテーマは "Shaping the Post-Crisis World" 、つまり「危機後の世界をどう形作るか」です、YOUTUBEのサイトをのぞくとまだ会議の映像はありませんが、マンパワーとシーメンスのCEOが今後5年の経済状況について語っていました。

ダボス会議CEO発言マンパワー(07:48)シーメンス(04:24)

ボクが今一番知りたいのはいつ景気が回復するかではなく、これから我々を取り巻く世界がどういう経済構造になるかです、その意味で正にぴったりのテーマですが、良きにつけ悪しきにつけ危機後の経済構造が、我々のような現在の先進国で最も多いと言われる、中流の下に属する人にとって、残念ながら暮らし易いモノになるとは思えません。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

でもことのことを自分なりに考え抜ければ、他人様より早めに今の阿鼻叫喚たる蟻地獄から脱出出来るのは間違いありません、先ずは殺されないようにアダプト・適応し、次にそれに打ち勝つのです!クダラナイ日本のニュースを含むテレビ番組を観るのを止め、YOUTUBEなどで語られる世界の強欲な人たちを含む^^、賢人と言われる方たちの言葉に耳を傾けましょう!

その多くは英語でなかなか直ぐには理解出来ませんが、言語明瞭なれど意味不明の日本語を聞くよりはよっぽどマシです、マンパワーのCEOはこの2年くらい厳しい状況が続くが、5年後は良い世界になると楽天的に考えたいと言っているようです(←キキトレンw)、ここで楽天的に考えるとは、こういう方向に世の中を持って行くと、強く考えて発言且つ行動することです。

|

« 用心棒が守る夜の新宿駅東口地下街イケアの広告 | Main | ダボス会議が始まったが世界経済の復活は遠い? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今後の世界経済の構造はどのようになるのか?:

« 用心棒が守る夜の新宿駅東口地下街イケアの広告 | Main | ダボス会議が始まったが世界経済の復活は遠い? »