« 光の紅葉...六本木ヒルズのレッドイルミネーション | Main | 企業テロの恐怖...雇用総数を確保せよ! »

December 13, 2008

自覚が足りないようにみえる全米自動車労組

米自動車救済法案、協議決裂 政府支援白紙にとのこと、融資の条件として"従業員の人件費をトヨタ自動車、ホンダなど日本企業並みに引き下げる"と書いてあります、GMの従業員の年収って9万ドルくらいあるらしいです、今のレートだと800万円強ということになりますが、実質1000万円以上の高給取りなんですね、でつい数年前までは全米屈指の大企業だったわけですから、物凄い手厚い企業年金が準備されています。

もし破産となれば賃金と年金はどうなるのでしょうネ、その辺りがわからないので何とも言えませんが、そのような事情があって米上院は一旦破綻させろ、その上で救済だと言っているらしい、いずれにしても賃金と年金額を維持しろと全米自動車労組が言い張って、破綻したら賃金日本企業以下で企業年金ゼロ、且つ再雇用されるかどうかも不明という話しになったら笑い話しになりますナ、何か自覚が足りんような気がします。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 光の紅葉...六本木ヒルズのレッドイルミネーション | Main | 企業テロの恐怖...雇用総数を確保せよ! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自覚が足りないようにみえる全米自動車労組:

« 光の紅葉...六本木ヒルズのレッドイルミネーション | Main | 企業テロの恐怖...雇用総数を確保せよ! »