« 綺麗だけど観る場所がない東京ミッドタウンの大銀河 | Main | 江東区の砂町銀座商店街に行って来ました »

December 14, 2008

シャインアライト~ストーンズライヴドキュメンタリー

Roppongi_hills_0812_b01 六本木ヒルズのシネコンで久し振りに映画を観て来ました、とは言ってもフツーの映画ではなく、ローリングストーンズのライヴドキュメンタリー映画シャインアライトです、ボクのロックの師匠...親爺バンドでベースを弾く友人と一緒です、2年前の2006年秋にニューヨークのマンハッタン72丁目ブロードウェイにある、2800人収容するビーコンシアターで行われたライヴを撮ったものです。

ローリングストーンズ~シャインアライト予告編(02:30)
日比谷線六本木駅~六本木ヒルズのシネコン(08:01)
六本木ヒルズのシネコン昼(01:17)夜1(01:35)2(00:19)
六本木ヒルズのクリスマス風景:昼(01:49)夜(03:52)
光の紅葉...六本木ヒルズのレッドイルミネーション(02:59)

Roppongi_hills_0812_b02 Roppongi_hills_0812_b03 Roppongi_illumination_0812_a03

2日間のライヴをまとめたもので、どちらか1日なのかもしれませんが、クリントン元大統領夫妻御一行が鑑賞しており、ライヴは元大統領の挨拶から始まっています、映像はとてもヴィヴィッドで、ミックなどメンバーに限界まで近付いています、しかしそのことで特にキースのしわがれ顔が迫って来るのには参りましたw。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

映画自体はとても良く出来ており、これ以上を求めるのは酷だなと思いました、舞台から見て右手のロン・ウッド側の最前列に、1990年の日本公演の少し前に生まれたと思われる美女軍団がいたり、ビーコンシアターはクリントン元大統領が観ていたと思われる、2階バルコニー席は列数が少ないのですが、その上の3階天井桟敷席は1階席以上に人が入るように見えるなど、細部がとても良く表現されていて、もう1回観たくなる作品に仕上がっていました、DVDになったら買うでしょうね。

シャイン・ア・ライトは映画館で

特にラストシーンのアッパーウエストサイドにあるビーコンシアターからワープして、月明かりに照らされたマンハッタン全体が浮かび上がる映像は秀逸です、ゲスト出演者の中ではハイヒールのクリスティーナ・アギレラもヨイけれど、やっぱり重鎮バディ・ガイかな...こういう特別なシチュエーションじゃないと出てこないだろうし、何よりもビーコンシアターのイメージにピッタリ!印象的な高音のギターリフと対照的な低音ヴォーカルが最高です。

でも残念ながらライヴとの真の一体感は感じませんでした、ボクは1990年に行われた日本公演のテレビ中継から録画した、VHSのライヴ映像を持っていますが、この映像を観ると...イヤ当時FMで放送された音声を聴いても一体感を感じるのにです、やっぱりライヴ映像と観た日が違ったとしても、自分がこの中にいたかどうかが大きく、映画のせいではありません。

いつものように新宿のチケット屋で1470円也の前売り券を買い、昼時に予約をして夕方に鑑賞しました、新宿の武蔵野館だと株主招待券900円で観れるのですが、入替制の指定席ではないため六本木ヒルズのシネコンにしました、上映していたスクリーン5は収容250人くらいかと思います、平日の夕刻ですが8割方埋まっており、とても観易く余程座高が高くない限り前の人の頭は気になりません。

六本木ヒルズは全体が迷路のようなんですが、シネコンは宇宙船の中ちゅうか、正に異空間のようでありました、ポストモダンのなかなか素敵な内装です、シネコン階下の一角にクリスマスの飲食&グッズなどのショップが出ており、ソフトドリンクの他にアルコールも飲めるようになっています、夜は少々寒いですが昼間マッタリするのにはなかなかヨイです。

|

« 綺麗だけど観る場所がない東京ミッドタウンの大銀河 | Main | 江東区の砂町銀座商店街に行って来ました »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シャインアライト~ストーンズライヴドキュメンタリー:

« 綺麗だけど観る場所がない東京ミッドタウンの大銀河 | Main | 江東区の砂町銀座商店街に行って来ました »