« 大河ドラマ・太閤記から早や43年...@緒形拳さん逝去 | Main | 株の買い時来るが肝心のカネがない »

October 07, 2008

何故明治維新に成功して太平洋戦争に負けたのか?

何故日本が1867年の明治維新に成功したのに、1939年から始まった太平洋戦争に負けたのか?幕末の合言葉^^に尊皇攘夷があるが、日本は1853年のペリーの黒船来航から、1905年に終わる日露戦争までの半世紀に渡る長い月日をかけて、欧米の帝国列強に打ち勝つぞと意気込みで富国強兵を行った。

これが功を奏し欧米各国に負けない帝国主義の、アジアにおける唯一の成功例となり、見事尊皇攘夷を成し遂げた、ところが日露戦争の勝利で上から下...政府から軍部そして民衆まで傲慢不遜となり、太平洋戦争という勝つはずのない戦争に突っ込んだ、これが今までの見方である、でも友人が異を唱えた。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

彼は言う単に運が良かっただけさ...ト、日本が明治維新に成功したのはアメリカが南北戦争(1861~65年)にうつつを抜かしていたからだ、日本が太平洋戦争に負けたのは、アメリカが1929年の世界大恐慌に何も出来なかったフーバーに替わって、1933年に大統領に就任したルーズベルトがニューディール政策で国を復興させた後だったからだ。

酒の上での議論^^ではあるがとても興味深い、日本がアメリカに対して世界大恐慌の直前直後に戦いを挑んだら勝っていた鴨葱...でも...トボクは思った、日本が高度成長を成功させたのは偶然、イヤ東西冷戦のため必然勃発した、アメリカとソ連の代理戦争・朝鮮戦争のお蔭だと言う人は多い、日本は幸いにも戦禍を受けずアジアにおける工場となり発展を遂げたワケだ。

となると、明治維新成功の一因にアメリカの南北戦争があることはわかったが、1929年の世界大恐慌の直後に太平洋戦争がおきても、既に堕落していた日本ではアメリカに到底勝てず、むしろ太平洋戦争の勃発がアメリカが世界大恐慌から抜け出すことに繋がるのではないかと思う。

太平洋戦争...世界規模で言う第二次世界大戦を引き起こしたのは、ヨーロッパ帝国主義の相対的後進国ドイツとイタリアで、より世界大恐慌の爪跡が凄かったからだという人がいる、当時のドイツは大恐慌が起こる前までは、ワイマール憲法を制定するなど平和への道程を歩んでいたが、恐慌直後からヒトラー率いるナチスが台頭し、戦争へ突き進んで行ったというのは説得力がある。

さて、今世の中は日米で株が1万ドル、1万円という大台を切ったという平和な話題^^で賑わっている、でもこれはボクに言わせれば人間の衆愚心理によるモノに過ぎない、問題はもっと奥にあるグランドデザインの有無だ、まずどうやって止血するのが一番早いかということを議論せねばならない。

本来直接(証券)間接(銀行)とも金融機関は救う必要がないのだが、今は平和時ではなく戦時・有事である、能無しエリートの馬鹿どもを救うのはとても苦痛だが、国の公的資金...つまり庶民の税金というカネを突っ込んで、経済の血管・動脈たる間接金融機関のディフォルトを防ぐことだ。

次に止血の真っ最中から、経済の手と足たる中小企業にカネを回して、新しい形の企業群を造らねばならない、野口悠紀雄さんはモノ作りを捨て金融サービス業にシフトせよと言う、多くの識者という方々は頑なにモノ作りを守れと言う、どちらも誤りである。

正解は日本伝統のモノ作りと欧米流の金融サービス業を融合した、新しい企業体を模索すべきだ、日本は失われた15年をかけて模索中なので心配ないという人がいる、是非そうあって欲しい、これが事実ならモノ作り捨て去ったという、アメリカそしてイギリスに日本が勝てるトコになる、これを中国などアジアが追い付いて来る前に確立せねばならヌのだ。

|

« 大河ドラマ・太閤記から早や43年...@緒形拳さん逝去 | Main | 株の買い時来るが肝心のカネがない »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何故明治維新に成功して太平洋戦争に負けたのか?:

« 大河ドラマ・太閤記から早や43年...@緒形拳さん逝去 | Main | 株の買い時来るが肝心のカネがない »