« 江戸川の花火は篠崎から観るモノ...@OP映像比較^^ | Main | 炎天下の亜細亜電脳中心・秋葉原を歩く »

August 04, 2008

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい

Moriyama_naotaro_0808_00 生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい、これは森山直太朗さんの新曲『生きてることが辛いなら』の冒頭の歌詞です、秋葉原とか八王子の殺人犯のように、何の関係もない人を道連れにする死は最悪です、これを大きな死・聖なる死と讃える馬鹿もいるようですが、全員しょっ引いて牢屋にぶち込め!って感じです、そして自殺が小さな死かどうかは別にして、その方が世の中のためになるのも哀しいですが事実です。

森山直太朗~生きてることが辛いなら(04:55)

先日本屋の書棚でみた『「生きづらさ」について』という、雨宮さんという右翼にいたことがあるという一見恐そうな女性と、萱野さんというフランスで哲学博士を取得した津田塾大准教授の対談本を読んでいます、ボクはキャノンの御手洗さんもトヨタの奥田さんもこの本を読むべきだと思います。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

無差別殺人は憎むべきことで到底許される行為ではありませんが、御手洗さんたちの人を人とも思わない扱いが無差別殺人の土壌であることは疑いありません、彼らは今安く使える労働力として移民を奨励しているようです、既に日本社会に静かに浸透している移民を、忌避・排斥すべきではありません、でも若者を企業のそして国の力にする方が遙かに優先順位が高いのです。

そして移民を若者のように使い捨てにするつもりなら、萱野さんたちが本で言っているように、何も言わない日本の若者たちを気付かせて一緒に暴動を起こすかもしれません、その前に傲慢な企業経営者どもは自分たちの誤りに自ら気付くべきです、ボクは彼らが幕末に散った井伊大老のようになっても何の憐憫の情も感じません、て言うか馬鹿は死ななきゃ気付かない...ト。

|

« 江戸川の花火は篠崎から観るモノ...@OP映像比較^^ | Main | 炎天下の亜細亜電脳中心・秋葉原を歩く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい:

« 江戸川の花火は篠崎から観るモノ...@OP映像比較^^ | Main | 炎天下の亜細亜電脳中心・秋葉原を歩く »