« 新宿に新たなシネコン...新宿ピカデリーが出来ていた | Main | 羊になった日本男児...@鈴木桂冶 »

August 15, 2008

木村剛さんの正社員の解雇条件緩和は正論だが...

木村剛さんが「本気で非正規雇用を正規雇用に転換したいのであれば、解雇要件を緩和することが必要であると確信しています。」とおっしゃっています、正論です、でも哀しいかな経団連のお偉方に代表される、自分の会社ダケ儲かればヨイという我が儘で狡猾な輩にかかると、残念ながらまだ自立出来ていない正規社員がクビを切られるだけでお終いです、非正規雇用者の待遇が改善されることは未来永劫ないでしょう。

その証拠に竹中さんが日本経済が良くなるようにとの願いを込めて通した、非正規労働の規制緩和法案も結果をみると彼らに利用され、日本中にワーキングプアを撒き散らすダケに終わり、庶民の暮らしは悪化する一方でした、彼らのノブレスオブリージュの欠片ももない実態を目の当たりにするにつけ、経営の厳しい中小企業は木村さんのおっしゃる通りですが、大企業の雇用についてはある一定の箍を嵌める必要性を痛感するものであります。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 新宿に新たなシネコン...新宿ピカデリーが出来ていた | Main | 羊になった日本男児...@鈴木桂冶 »

Comments

正社員を多くしろ、派遣はケシカラン、
と多くの人はいいます。

こんなことは簡単です。
そのように発言している人自身が
会社を作り、社員を大量に雇い
皆年収1000万円で雇えばいいのです。

問題解決です。

政治家もそうですが、難しく考えすぎです。
最低賃金を上げたい、1000円は必要だと思うなら、自身が起業してやってみればいいのです。

社員に時給1000円を払うこと、
そして景気に関係なく簡単にクビを切れない正社員を採用することが如何に大変か分かります。

この国に経営者的な発想ができる人が
もっとたくさんいれば、雇用も最低賃金も
簡単に解決するのですが、
教育環境があまりにも悪いことが残念ですね。

Posted by: k | August 16, 2008 08:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木村剛さんの正社員の解雇条件緩和は正論だが...:

« 新宿に新たなシネコン...新宿ピカデリーが出来ていた | Main | 羊になった日本男児...@鈴木桂冶 »