« 感動よりも無事是名馬@タイガー・ウッズ | Main | 混み合うバラックと閑散とした再開発商業施設 »

June 19, 2008

宮崎勤の死刑執行は遅過ぎたくらいだ

宮崎勤の死刑執行に亀井静香さんなど死刑廃止論者が何か言っているようだ、死刑判決とその執行には当然慎重になるべきで、その代替案として一生涯娑婆に出れない本当の無期懲役刑を設ける必要がある、永山はこの刑でよかったとも思うし、娑婆に出ているときく25歳?の酒鬼薔薇にも適用すべきだ、でもコヤツとか麻原のように死刑に処すべき輩はいつの時代にもいる。

法務省はその時期を池田小事件に合わせたのかもしれないが、秋葉原通り魔事件発生前に既に決まっていたように思う、何かと言われる鳩山弟さんのハンコがその後かどうかは定かではないが...しかし死刑廃止論者の弁護士がうじゃうじゃ言って引き延ばし、精神鑑定とやらで宮崎の裁判が18年近くに及んだことの方が納得が行かない、数十億の税金の無駄遣いだっちゅうの、10年以上経つ麻原とともにサッサと始末をつけるべきだ。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
武藤舞さんというご自身の友人知己たちが指導されていた学生を殺された、伊東乾さんの秋葉原通り魔事件の日経のコラム5ページ目「臭いものに蓋をするように即決裁判で処刑してしまうのではなく、十全の上に十全を期した、再発防止のためのプロセスを踏み、社会修復的正義の責任を十分に果たさせた上で、懲罰的司法の責任もきちんと果たさせることが、このうえなく重要です。」と書かれている、おっしゃる通りである。

伊東さんのお考えはとても深いしそれに比べればボクの論考などチャチなものだ、このことが実現できればそれにこしたことはないのだ、ただ反省の言葉すらなく死刑廃止論者の弁護士に利用された宮崎とか、事件について何の反応も示さない麻原のような場合は、時間をかけるだけ税金の無駄遣いであること、そして光市母子殺害事件で死刑廃止を唱える、免許を剥奪すべきエセ弁護士どもが何をしたのか、それによって被害者遺族の本村洋さんがどれだけ苦しめられたことを忘れてはならないと思う。

|

« 感動よりも無事是名馬@タイガー・ウッズ | Main | 混み合うバラックと閑散とした再開発商業施設 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮崎勤の死刑執行は遅過ぎたくらいだ:

» ずばりお聞きします。鳩山法相の仕事ぶりは? [名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳]
埼玉県と東京都で、幼い女の子4名が犠牲になった、「幼女連続誘拐殺人事件」、いわゆる宮崎事件の宮崎勤死刑囚の死刑が執行された。 同日、他2名にも執行のもよう。 鳩山邦夫法相になってからは4回目、今回を含めて計13人が執行された。 鳩山法相の執行数、今回の3人が加わったことで前任の長勢甚遠法相の10人を... [Read More]

Tracked on June 19, 2008 08:56 PM

» 本村洋のこと [WEBの情報缶!]
本村洋とはWikipediaより -- 本村 洋(もとむら ひろし、1976年3月 - )は全国犯罪被害者の会幹事。大阪府堺市出身。広島大学工学部卒。政治家の西村眞悟とは同郷。1999年、山口県光市の自宅に侵入してきた少年(当時18歳)に妻(当時23歳)を殺害され、その後、死姦をさ...... [Read More]

Tracked on July 14, 2008 12:47 PM

« 感動よりも無事是名馬@タイガー・ウッズ | Main | 混み合うバラックと閑散とした再開発商業施設 »