« 赤線玉の井抜けられますⅢ毒気を抜かれた夜 | Main | 人の流れが変わった新宿三丁目 »

June 28, 2008

時計仕掛けのオレンジの悪夢が甦る

Clock_work_orange_0806_00 東京・府中の路上生活者殺害:頭部強打、突然襲撃か 抵抗した形跡なくとのこと、この事件で思い出すのは今から40年近く前の映画...「2001年宇宙の旅」を撮ったスタンリー・キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」です、彼が近未来たる現代を予測して風刺した映画です、映画では路上生活者のお年寄りを殴打した主人公の若者アレックスは、脳にロボトミー手術を施されてしまうのですが...

スタンリー・キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」(03:01)

最近若者対お年寄りと言われます、今の後期高齢者医療制度のように75歳以上を区切るというのはどうかなと思いますが、現役世代とリタイア世代の医療保険を分けることは明らかに必要です、お年寄りが集中する地方の医療を救うためには、リタイア世代の医療保険を大きく本当なら国単位で扱う必要があります、生活保護の老齢加算打ち切りを認める判決が出たようですが、政府と厚労省は社会保障費についてもっと説明すべきです。

《追記》
> 山桜とオレンジとどーゆー関係←映画ちゅうトコだけです(大汗、今回の事件について特に時計仕掛けのオレンジとの絡みで、映画好きの佐藤さんのご意見をおききしたかったのです。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 赤線玉の井抜けられますⅢ毒気を抜かれた夜 | Main | 人の流れが変わった新宿三丁目 »

Comments

山桜とオレンジとどーゆー関係があるのか悩んでしもうた。(謎:滝汗

Posted by: 佐藤秀 | June 28, 2008 06:07 PM

オレンジと全く対極だけど、山桜のお侍さんも時計仕掛けの山桜みたいなところありますな。ホント機械仕掛けの正義みたいで。

Posted by: 佐藤秀 | June 28, 2008 11:56 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時計仕掛けのオレンジの悪夢が甦る:

» 山桜 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。 藤沢周平原作、篠原哲雄監督、田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、壇ふみ、富司純子。 まるで書道か墨絵のように簡素で、直截で、タネも仕掛けも何もない江戸時代後期のある村の物語。主演は春に花を咲かせる山桜のような映画。... [Read More]

Tracked on June 28, 2008 06:17 PM

« 赤線玉の井抜けられますⅢ毒気を抜かれた夜 | Main | 人の流れが変わった新宿三丁目 »