« 魅惑の飲み屋街・大森山王小路の夜 | Main | YOUTUBEの再生リスト:暮れなずむ六義園の枝垂桜 »

April 10, 2008

主旨は良いが中身滅茶苦茶@後期高齢者医療制度

最近の後期高齢者医療制度についての一連の報道を見る限り、主旨は良いが中身が滅茶苦茶って感じです、大前研一さんによると日本には莫大な金融資産があるそうです、最も資産を持っているのは高齢者で、それも年を取るに従って急増しており、死ぬときに何故かピーク^^を迎えるとか...我々息子娘にカネがかかる世代は極貧なワケで泣きますナ。

そんなワケで今後高騰が予想される高齢者の医療費は、働く現役世代とりわけ若者に頼るな裕福な年寄りが面倒みろ!というのが主旨であればボクは大賛成です、でも本当にそうなっているのでしょうか?制度そのものがヨウわかりません、ボッタくる^^べき富裕層からも、本来なら徴収を免除すべき貧困層からも、一律に基礎年金から六千円也を引き落としているようにも見えます、間違っているようなら糺してください <(__)>。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

さて、親がこれだけ長命になると、亡くなって遺産相続が行われるときには、相続される側の息子娘も還暦を越えてしまいカネを使わなくなります、以前生前贈与税を相続税と同一しようという試みがあったやに聞き及びますが、立ち消えなのでしょうか?

お年寄りはお元気とは言っても、やっぱり我々壮年よりは活動力は格段に落ちます、カネがかかる息子娘はもう手を離れています、カネを持っていても内需拡大にほとんど貢献しないのです、そういってカネがどんどん塩漬けになります。

それなのに地方自治体はと言えば、都バスなどは未だに老人無料パスなんてやってます、大企業の企業年金とか公務員の職域加算年金など、多額の無税?収入がある人は、無料パスなし&健康保険料は現役世代と一緒でもいいんじゃないでしょうか?

|

« 魅惑の飲み屋街・大森山王小路の夜 | Main | YOUTUBEの再生リスト:暮れなずむ六義園の枝垂桜 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 主旨は良いが中身滅茶苦茶@後期高齢者医療制度:

« 魅惑の飲み屋街・大森山王小路の夜 | Main | YOUTUBEの再生リスト:暮れなずむ六義園の枝垂桜 »