« 日本のイケナイところ...それは両極端に走ること | Main | 株は円ドル相場よりも時の政権評価との相関性が高い »

March 13, 2008

慌てるな@円高、株安、原油高

産経曰く大荒れの東京市場 円高、株安、原油高が日本経済に打撃、日経曰く円急伸、一時99円台・95年11月以来の高値とのこと、でも冷静に考えて欲しい、円ドルはここ何年か110円~120円の間を上下していたが、アメリカはサブプライムバブルが弾けて当然の調整局面に入っているだけじゃないか。

この回復には数年かかるかもしれないが、日本みたいに10年も15年も暗闇に沈むことは考えられない、今はユーロ圏と日本以外勃興するアジア圏があるから、クリントンの時代のような一国が大きな輝き放つのは難しいかもしれない、でも住宅価格が正常^^に戻れば復活するのは間違いない。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

円高と言うがまだ円ユーロは158円と円安のままだ、原油価格が110ドルと言ったって、日本円換算では計算していないが、恐らく横ばいがせいぜいで高騰はしていないハズ、輸出企業に打撃と言うが、対アメリカ市場は確かに短期ではヤバイが、欧州アジア市場を見なければ何とも言えない。

マスコミはそういう数値を出してモノを言って欲しい、まあこういうときに煽っておかないと部数が伸びないと言うのは理解できるが、フラット化でカネの儲け方が明らかに様変わりしている、もう少し注意深く儲け口を探してみてはどうか?

正直に言ってテレ東ガイアの夜明けで紹介していたアメリカの兄ちゃん^^のように、カラ売りという技を使えれば話しは別だが、そういう立場にないと思うのでここ数年株を買う気がしなかった、まあ上がり局面でしか儲けられない、中国の株の天才児みたいなものだ。

先日仕事で自宅からも日経テレコン21をみるために野村ホームトレードに入った、でも裏返せばこれから株で勝負すべきときが来ると思っているのも事実だ、当分市場に手を出す気にはなれないが、1年後か2年後か知らないが、NY株で儲けられる日が来ると思う。

それを凡夫の自分がGET出来る保証はないが、たっぷりとマルチプルを利かせた勝負をするつもりだ、でもまあ中国の株の天才児が、取引量が増えたら買い減ったら売りと言っていた、ナールと思ったあっしはやっぱり正真正銘の凡夫鴨葱...

《追記》
> 市場の価格は需給で決まるのが大半←昔はそうだったみたい、でもグローバル社会のフラット化ちゅうか、金融テクノロジーの進化著しく、カネがマルチプルで何倍にもなって市場に溢れ出し、それが最近特に商品市場に流入しているみたいです。

> 投資資金の需給←アラ、自民党みたいな答弁なこと、投資ではなくて投機でしょう。

《追記2》
@木村剛ブログカントン 日本市場の場合は、回復局面を狙った投資のタイミングは限られているので、早めに参入しなければいけません。←難しそうじゃ、密かに買い込んで最低1年は我慢か...

|

« 日本のイケナイところ...それは両極端に走ること | Main | 株は円ドル相場よりも時の政権評価との相関性が高い »

Comments

バーナンキがアホなこと言って、投機筋が追加利下げ見込んでドルキャリしているんだと思う。実際、追加利下げ実施されたら、ドルキャリの巻き戻しでドルは急反騰の悪寒。

Posted by: 佐藤秀 | March 13, 2008 09:51 PM

なんだかんだで、市場の価格は需給で決まるのが大半なので、ドル円とか原油とかとの相関関係をエロエロ調べてもあまり有意な結論は引き出せないのではないかと思う。
跡付けで解説する事は出来ても(汗

空売りなんて、信用口座か先物口座開けばすぐでしょ?
野村は敷居が高い(笑)けど、株ドットコムとか楽天は敷居は低い(笑

Posted by: 滑稽本 | March 14, 2008 01:02 AM

ここで私が言った「需給」ってのは、投資資金の需給の事。
商品の需給や、株を発行している会社の業績云々はそれ程大きな説明力がありません。
投資資金の多寡や流れの方が価格の説明力が高いという事。

Posted by: 滑稽本 | March 15, 2008 12:23 AM

>> 投資資金の需給←アラ、自民党みたいな答弁なこと、投資ではなくて投機でしょう。

アラ、民主党みたいな揚げ足取り(笑

「市場に流れ込む資金」で良いか?

Posted by: 滑稽本 | March 15, 2008 12:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 慌てるな@円高、株安、原油高:

» 石油のピークアウト,アメリカのピークアウト [花崗岩のつぶやき]
 とうとうドルが100円を切りました.もう円高などではない,ドル安,しかも叩き売りです.欧州の中央銀行が資金注入をする,といった翌日の暴落ですから,もう市場はドルを見放したということでしょう.サブプライムローン問題が収まれば,アメリカ経済は回復するという,ア...... [Read More]

Tracked on March 17, 2008 09:57 AM

« 日本のイケナイところ...それは両極端に走ること | Main | 株は円ドル相場よりも時の政権評価との相関性が高い »